「今年は洋服を買わない」と決めたあと、たまたま友人から教えてもらった洋服のレンタル&コーディネートサービス "エアークローゼット" airClosetを使いはじめました。

利用しはじめて早2ヶ月半ほど経ちましたが、まだ自分のライフスタイルに合っているのか否か、わかりません。あくまでも現時点でのことになりますが、その後の感想などを書いてみますね。

エアークローゼットは、コーディネートされた洋服を3着セットで、届けてくれるサービスです。着終わったら送り返すので、収納スペースを占領しません。

予め登録しておいた顧客情報を参考にしながら、スタイリストが選ぶというコンセプト。とはいえ、担当者がつくわけではありません。毎回ランダムに違う人が選んでいる様です。

最初のうちは、外に着ていけないほど「合わない」洋服コーデが送られてきたこともありましたが、だんだん情報が蓄積されていくので、改善されていくみたいです。

顧客ページには、「NG洋服」がリスト化されており、そこに記載されているものは絶対にNG、ということになります。

私の場合は、
・春夏の短め(膝丈やミディアム寸も含め)スカートNG
・大きめの花柄のレースNG
・ビックシルエットのシャツNG
・分厚い生地の服NG

など、登録してあります。

今回は、紺色のシャツ+白いタイトスカート+グリーン半袖ブラウスの3点が箱の中に入っていました。
 

 
ボトムスは「総レースのタイトスカート」でしたが、これはマズイ!!NGリストに書いてあるNG服です。

真っ白の花の模様のレース。スカートの形がほっそりタイトなので甘さを抑えてくれておしゃれなデザインです。

ただ、私にとっては、NGリスト化してある禁断のレース。50代で着こなせるのは石田ゆり子さんぐらいしか思いあたりません。私にはぜんぜん似合わない雰囲気です。

もう一つNGリストとして登録されている、「春夏のミディアム寸」も当てはまってしまうスカートでした。おそらく、今回は顧客リストをちゃんと読まずに選んでしまったのではないか?と思います。
 

■関連記事
なぜ、おばさんはおばさんに見えるのか....!?
ファッション断捨離:あなたは何頭身?エージング女子のための洋服選び

 

明度が低いとエイジング肌がくすんで見える

 

 
もう一つの洋服は、深いグリーンの半袖ブラウスでした。

写真ではかなり暗く見えますが、ここまで暗い色ではなく綺麗なカラーです。

Vネックなのですが、襟が変わっていて、布が二重になっています。形的にも着痩せして見えるデザインなので、なかなかよかったです。

ただ、グリーンの明度が低い(黒っぽい)ため、50代の私が着ると顔の写りが悪いです。顔色が悪く見えてしまうため老けて見えるのです。

選んでくださるスタイリストさんは、普段は20代30代の方をコーデしていらっしゃるのでしょうから、なかなかそこまでは想像できないでしょうね。

ただ以前、感想を書く欄に、「明度が低すぎるくすんだカラーはNGで」と記述したことがあるのです。ちゃんと読んでくださる方なら、別のカラーを選んでいたと思います。
 

■関連記事

 

ファッション用語の勉強?

 

 
毎回、送られてきた洋服についての着こなし方、ファッション・アドバイス、自前の服やアクセサリーとのコーディネート、などをMYページに書き込んでくれます。

文章の中には知らないファッションの専門用語が出てくるので、勉強になるなぁと思って見ています。

先ほどの紺色のブラウスのことは「スキッパーシャツ」と書いてありましたが、これ知らない言葉でした!
 

 
【スキッパー】とは⇨
ボタンなしのポロシャツ、もしくはVネックに襟を付けたカットソートップスやニットウェア全般。 襟部分は、スキッパーカラーと呼びます。(昔は、重ね着したような首もとのデザインのニットウェアを示す言葉だった)
 

 
ワイドパンツやスカートが送られてきた時は、たまに「テーパードパンツと合わせても大人っぽいです」と書いてあります。
 

 
【テーパードパンツ】とは⇨
裾に向かってシェイプされたシルエットのパンツで、太もも部分にややゆとりがある形。
 

 
それから合わせる靴に関して、「ポインテッドトゥと合わせるといいですよ」とか「パテントのパンプスでも合いますよ」というアドバイスがよく書いてあります。
 

 
【ポインテッドトゥと】とは⇨
つま先が細くとがった形状の靴こと。ポインテッド(pointed)とは、とがったという意味。 逆に丸い形状の靴はラウンドトゥといいます。
 

 

 
【パテント】とは⇨
表面にエナメル合成樹脂を塗って光沢感を出すように加工した「エナメル革」。「エナメル」と「パテント」は同意語ですが、エナメル素材の開発元が特許をとったことから、エナメル革をパテントレザーと呼ぶようになりました。
 

 
エアクロを利用する様になってから、ファッション用語の語彙が増えてきました。たぶん!?
 

今後を見守りつつ

 
3着とも自分にピッタリの洋服が送られてくるのは、奇跡の様なことなのか?それとも、今後はそうなってくるのか?行く末はいかに...。

このサービスは『時短』を望む方に最適だと思います。(詳しいサービス内容はこちらの記事に

選ぶ時間がない、そもそも選び方がわからない、買いに行く暇がない、など、お仕事されてる方や赤ちゃんがいて忙しい方などには便利です。

私自身も時短目的で、仕事の時に着る服があればいいなと思って始めました。でも実は、仕事のシーンではまだ一度しか着ていません。

エアクロでは自宅で洗濯機で洗える服のみを扱っているため、どうしても中年にとって「きちんと感」を出すことが難しいためです。(20代30代の方にとっては、その様な問題はないかと思います)

トップの写真はこれまで送られてきた洋服たちです。短期間で色々ななデザインやカラーの洋服を試せるので、買い物に行った時に自分に似合う服がすぐに "わかる力" がついてくるのでは?と期待しています。

これだけ色々試せているので、「洋服が欲しいな」と思うことがまったく無くなりました。着るものがない〜と感じてしまう時って、持ってる服に「飽きちゃった」ということなのでしょうね。

「エアークローゼット」というネーミングのごとく、自宅のクローゼット内に洋服が増えにくいので、この点はミニマリストやシンプルライフを目指す方にとっては良いことですね。

また報告します!
 
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事