そろそろ潤いの季節がやってきそうなので、加湿器じまいをしました。

それでも、顔の一部分はまだ乾燥しがちなエイジング肌のわたくしです。特に顎の周りや目の下あたりなどが乾燥しやすいですね。

先日は、朝つかっている基礎化粧品をご紹介させていただきましたが、トップの写真は乾燥している季節の夜寝る前、お風呂上がりに使っているフラワーウォーターとオイルです。

右手は『ネロリ・ウォーター』。たまたま私はネロリの香りが一番好きなのでこれを使っていますが、エイジング肌にはローズがいいとされていますね。

そして、左手は『ヘンプ・オイル』です。カンナ ビ ノイドの植物成分が入ったもので、家人が取り寄せて買ってくれたものです。

高価だったのですが、確か福沢諭吉様が2〜3枚ほど必要だったと言っておりました。「なくなったらまた買ってきて!」と頼んだけど、「ん〜〜」と苦い顔をされてしまいました(笑)。

なぜ、その時は奮発して買ってきてくれたのかというと、私の左胸に割と大きめのしこりができたからなんです。触ると痛いやつです。

脇の下にヘンプオイルをよく塗りこみ、最後に手についたオイルをしこり部分に少し塗りました。しこり、ちょっと怖いですから必ず毎晩寝る前にやりました。

すると病院に行く前に、数日で大きめのしこりが消えてしまいました。

本当にこのオイルが良かったのかどうかはわかりませんが、今では何かあると幹部に塗ったりしています。頭にニキビができたとか、虫さされを掻きむしって血が出たとか、そんな時です。

そのほかにも、お風呂上がりに目の周りと乾燥しがちな頬から顎にかけて、まずネロリウォーターで潤したあと、ヘンプオイルをつけています。

ただ、真夏の間はオイルはほとんど使っていません。顔から出る天然油でまかなえているので(汗。

(備考)
千円代で販売されている安価なヘンプオイルは、「種」を圧搾して作られたもので、カンナ ビ ノイドの植物成分が含まれていないため、上記のような効果的なものは期待できないそうです。
 

■健康記事
 
水分が足りないと記憶力に霧がかかるようになる!?
記憶力おとろえた?と思ったら、水と筋肉の関係について見直そう
 

 

加湿器をクローゼットに収納する季節

 

加湿器じまいをするにあたって、中をよ〜く乾かしました。

水滴が残っていたら黒カビが湧いてしまうかもしれませんので、分解したあと乾かす為に2日間ほど出しておきました。

やっと完全に乾いたので、大きめのビニール袋に入れてクローゼットの所定の場所に収納。また来年よろしくお願いします♪

家の中の3箇所に加湿器を置いて、湿度をチェックしています。

湿度50〜60の間に保つように、加湿器で潤わせたり、除湿機で乾燥させたり、窓を開け閉めしたりして、調節しています。

今は5月なので、まだ除湿機は出していません。6月後半になって湿度60を超えたら、除湿機を出して稼働させる予定です。

健康に暮らすためには、健康で暮らせる「最適な湿度」に整えることはとっても重要なことですよね。

お肌の乾燥具合とか手荒れの状態も、部屋の湿度が関係してきますので、とっても大切です。
 
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事