最近、目がよく見えるようになってきました。

昨年くらいまでは、ネットバンクから振り込みする時トークンの番号が見えなくて必ず老眼鏡をかけて確認していたんです。

ここのところは、老眼鏡は不要になりました。

まさかこの年齢で目の健康が改善されるとは期待してなかったのですが、「現状維持」と思ってやってきたことが、目の向上につながったようです。

このブログでも何度か「目を大切に」という話題で記事を書いてきましたが、いろいろやっていたことの効果が現れたのかもしれません。
 
(目の健康記事に関する記事)
 
▶︎眠る習慣を正し痴呆症も防ぐ、脳と目を大切に〜健康にしてシンプルライフ
 
▶︎本を減らしてミニマル化?本をデータ化して目を酷使?脳が元気な健康老人になる為に今すべき3つのこと
 
▶︎シンプルライフに欠かせない、お気に入り「キーボード・トレー」で肩こり解消
 

新たな“目ヂカラUP”プロジェクト

さらに目を大切にしてもっと目を良くするためのプロジェクトをはじめています。

それは「自然光で本を読む」ようにすること。

人間の目にとって、一番やさしいのが自然光での読書だそうです。

ワタシの場合はお風呂好きなので、お風呂に浸かりながら読んだりなど電気の光で読書することの方が多かったのです。

いま住んでいる家の中で、自然光で読書するのに最適な場所はリビング。

直射日光が入ってこない場所なので、柔らかな日中の明るさでちょうど良い光が入ります。

そこに、読書用のソファーを置こうと考えています。

(普通のイスだと読書後にお尻や腰が痛くなるし...)
 
トラコミュ:40代からのファッション
 

普通のインテリアコーディネートと、ミニマリスト家は違う

ms_mossgreen
 

他のミニマリストさんのブログへ
 
とはいっても、家具が増えてしまうわけですから慎重に選択しなくてはなりません。

はじめの頃は、アクセントカラーになる様に私とピッケの一番好きな色(ブルー系)にしよう、ときめきのソファーがいいね、と話していました。

でも、布のサンプルを見たり、それらを家に持ち帰り床とあわせてみると、浮いて見えるぶん存在感が出てしまうことがわかりました。

ハデな色ではなくても、周囲に見えているものとブレンドしない色や素材は目立って見えるんですね。

インテリアコーディネート的に考えると、ソファーの色をアクセントカラーにするのは大あり。

でも、ミニマリストをめざす我が家は「モノが無い雰囲気」を維持したいわけですから、周囲とブレンドして存在感が薄いカラーを選ぶ方が良い、ということがわかりました。
 
▶︎収入が上がる住まい選び
 

次なる新ルール

まだまだ決まりませんが、急がずじっくり考えていくつもりです。

ソファーがきたら、自然光でしか読書しないというルールを作ろうと思ってます。

日中は忙しく、日中しかできないことが沢山ありますから、どうしても読書は夜になってしまいがちでした。

40代後半くらいから目の衰えがひどくなったように感じていましたので、これからはもっと目を大切にしていかなくては!と肝に銘じました。
 

Happy Sunday!

他にも、目を良くする新プロジェクトあるんです。

また別記事でご紹介させてくださいね。

たのしい日曜日をお過ごしください〜。
 
〜美しく健康に✨〜
 

トラコミュ
美味しい暮らし♪♪
トラコミュ
キレイの裏技~40代を素敵に過ごす方法
トラコミュ
女性のための美肌・シェイプアップ・健康

 

ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事