できるだけミニマムかつシンプルにしたい、50歳からのコスメティック

今日は、お肌がくすんだり、たるんだりした年齢肌のお化粧についてお話しさせてください。最近、お気に入りのコスメとともに!

タイトルには「50歳からの...」と書きましたが、たるみやくすみは特に50歳からというわけではありません。

人によって、本当に個人差がありますよね。

30代後半くらいからほっぺが下へと垂れてしまってる人もいれば、60代でもプルンプルンのお肌の方もいらっしゃるので。。。

何歳であっても、とにかくお肌のくすみやたるみがある人が、お化粧をするときに注意したいことについて、考えてみたいと思います。

(過去美容記事)
シンプルライフを生きていれば手に入る!?60代の美魔女たちの美容法は!?
 

たるみくすみがある肌だと、こんな悩みが

 

全体的に見た目が老けたというのとはまた別に、お化粧をする女性にとってはたるんできたことで以前にはなかった困った問題がいろいろと出てきます。

たとえば、

①瞼がたるみシワシワでアイシャドーがのりにくい。
②すぐ涙目になりマスカラが下瞼に黒くつく。
③瞼の皮膚がゆるゆるだからアイラインが引きにくい。
④顔から汗が吹き出てファンデーションがすぐ落ちる。
⑤似合う色の口紅が見つからない。

お姉様のみなさまには共感していただけたでしょうか。

しっかりお化粧ができないので、すぐ崩れてしまいがちなのが年齢肌の女性のお化粧。

セミアは、どちらかというとナチュラル派なんですが、50歳になってからは「自然なものだけ使いたい...」などと、流暢なことは言ってられないわっ、という状況になっております。(^^;;

もう、コスメの力を借りなければどうにもならないっ!って部分はそうしています。

以下に、50代の私がトライしていて比較的解決していることを書いてみますね。

 

①瞼がたるみシワシワでアイシャドーがのりにくい。

 

瞼がよれていると、朝アイシャドーをぬるときも大変かもしれませんが、その後の「ヨレ」が困ります。これはピンとした肌だったころにはなかった現象です。

瞼のたるみがあるために、溝が深くなってしまい、そこにアイシャドーが溜まってしまうのですよね。

解決策としては、アイシャドーの粉がよれないような下地を使うこと。

これって、かなり効果ありです。

たとえ瞼のたるみが治らなくても、それ専用の下地をぬってからアイシャドーをぬると、ヨレはでてこないんです。

私は『NARS スマッジプルーフアイシャドーベース』を使っていますが、かなり効果は高いです。

アイシャドーの粉がよれて、シワにたまらなくなりました。

()
これは、今年イチオシのコスメです!!
ms_cosmetic

②すぐ涙目になりマスカラが下瞼に黒くつく。

涙腺は歳をとるとだんだんゆるくなるそうです。だから、そもそもの涙の量が多くなってしまってるんですね。

上まぶたの外側に涙腺があります。涙が出ると眼球を濡らし、目頭の上下にある涙点に涙が集まります。涙点から鼻や喉へと流れてゆくような仕組みになっているそうです。

歳をとると、まぶたが垂れてきていますから、涙がたまる涙点がふさがってしまうんです。

だから、水はけが悪いような感じになって、涙がたまりやすくなってしまうんですね。

しかたがない、しかたがない。

じゃ、お化粧をする女性はどうすればいいのか!?

私の場合は、涙が出ても落ちないマスカラを使うことで下瞼が真っ黒になってしまうことを避けようとしています。

ビューラーでまつげを上向きにカールした方が、より避けられますね。

それでもダメな場合は、まつげをカールさせた上で、まつげの先っぽの方だけにマスカラをぬると、涙目になっても下瞼が黒くならずにすむ場合もあります。

それでもダメなら、マスカラをあきらめて、アイライナーで目力を出すしかないでしょうか。

私が使っている「NARS オーディシャスマスカラ」は、ビューラーでまつげをカールさせなくても、まつ毛にぬるだけでカールするので、カンタンです。

他にも、きっと下瞼が黒くなることを避けられるマスカラがあると思いますので、地道に探してみてください。

 

③瞼の皮膚がゆるゆるだからアイラインが引きにくい。

 

これは、も〜致命的(@@)!

どうにもならないですね。

皮膚がたるんで和紙のようによれてしまってるわけですから、そこに一本のラインを引くのは至難の業。

でも、頑張ってよれよれの瞼にアイラインをひいている人の中で、こんなことになってる人がよくいます。「途切れ途切れのこまかい線がいっぱい繋がっている状態」です。

自分で鏡を見るときには見えてないかもしれないけれど、人と会っているときには下を向いたり、瞬きをしたりするので、アイラインはばっちり相手から見えてしまいます。

「途切れ途切れのこまかい線がいっぱい繋がっている状態」は、すんごくヘンです(涙。

なんとしてでも、一本のスーっとした線を引かなくてはなりませぬ。

柔らかめの固形のアイライナーを使うと、比較的上手くいくこともあります。

クレヨンみたいな素材のペンシル形アイライナーも、柔らかそうなものならいいですよね。

でも、年齢肌の女性で、リキッドのアイライナーをきれいにひけている人をまだ見た事がありません。

たぶん、皮膚がよれてるから上手くひけないのだと思います。

できれば、クレヨンのようなタイプのもので、落ちにくいものを探した方が無難かも。

セミアはNARS コーライナーというアイライナーを使っていますが、力を入れて線を引かなくても大丈夫なので、瞼がよれよれでも(笑)比較的ちゃんと線がかけます。

(過去美容記事)
ミニマリス