しばらくブログを更新しない日が続いておりました。かれこれ1年ほどになります。

この期間は、ほんとうに色々な出来事がありました。私にとっては、大きな大きな変化の年になったと思います。

またぼちぼちと、こちらのブログも更新していきたいと思います。再スタートにあたり、あったことをちょっとお話しさせてください。

 

心にぽっかり穴が空いたように

 

悲しかったことは、仲良しだった父が天に召されたこと。毎月デートしたり、たまに一緒に旅行に出かけたりしていたので、さみしくなりました。

ただ、父の場合「俺もうそろそろいいかなっ」っていうノリで逝ってしまったので、悲嘆にくれることはなかったです。

生前は「やりたいこと全部やり尽くしたな〜」「めちゃ楽しかったな〜」「もういつ死んでもいいわ」ってニコニコと語っていたので、これに救われました。

ただ、時々「なんかつまんない」と思ってしまうのです。

電話でよく話たりしていたし。食事してお話ししてお散歩してお茶してまた話す。そんなことが無くなった。父がいなくなって「なんかつまんない」っていうのが一番しっくりくる言葉です。

 

(関連記事)
私と父親のツーショット白黒写真アリな記事です
写真の断捨離について、歳をとったミニマリストが見たがる写真を選別する方法は!?

 

家族が減りました...

 

一緒に暮らしている家族も減りました。

ブログにも登場していたチョコレート色の犬ジェイ(兄犬)が虹の橋を渡りました。

毛艶も良く瞳も綺麗だったので、まだまだ一緒にいられると思っていたのですが、心臓肥大が進んでしまいました。

我が家で一番、繊細な心の持ち主だった黒猫のサブちゃんが、ジェイがいなくなったことに大きなダメージを受けてしまいました。

ジェイの亡骸の前に座ったまま、一晩中「クー、クー、クー」と泣いていました。

その後、体調を崩してしまい、ジェイについていくように2ヶ月後にサブちゃんもお星さまになりました。

父親の逝去に続いて、ワンコがいなくなり、またすぐにニャンコさんを失い、立て続けにお別れがありました。合間合間の看病も改善が見られなかった分、つらかったです。

 

(関連記事)
ワンコ雑誌「犬のきもち」に、ミニマリスト家のワンコ兄弟を取材していただいたときの様子です。
ミニマリストと犬の暮らし特集に掲載していただきました〜最小限のモノでシンプルに生活する

 

(関連記事)
元気な頃のジェイのビックスマイルの写真が載っている記事です。
IKEAの収納家具で間仕切りしたペット部屋、家の中の変形スペースどう使う!?

 

大殺界か何か?と思った出来事も

 

私にとって、今まで「これが現実だ」と思っていた世界が、歪んでしまうほどの衝撃を受けた出来事がいくつかありました。

中には夢で繰り返し見ていた事もあったので「やっぱりな」という感覚も同時に存在していました。

こればかりは、もろもろの関係者がいるのでブログには書けないのですが...今はもう落ち着いています。

友達に話したとき「なんだかいっぺんに重い出来事が降ってきた感じ?これって周期的な何かなのかなぁ?」と呟いたら、調べてくれたみたいで後から教えてくれました。

彼女の調べた方法は詳しくは知らないのですが、とにかく大殺界とかそういうのじゃないということがわかりました。

それどころか、運気が上昇するスタートポイントのような時期だったということでした。

でも、それを聞いたら「確かにそうだなぁ」と、納得した部分もあります。

新たに目標を設定し直したのですが、ハードルは高めのもの。なので、私自身の考え方にパラダイムシフトを起こす必要があったのです。

今、見えてないものがあるなら、その先は視野が広がらない限りは見えてこないですものね。

以前は考えてもみなかったことを真剣に考えるようになり、たくさんの行動を起こしています。かなりな変化がありました。もちろん、ポジティブな変化です。

 

(関連記事)
おとぼけ黒猫のサブちゃんが載っています。
ミニマリスト家の鉄則、新しいモノを買ったら古いモノはすぐ断捨離!木に登れないネコたち

 

(関連記事)
こちらもサブちゃんが新しいソファーに座り込んじゃった写真が。
ソファーが届きました、インテリアのセンスが合う野鳥好きの家具屋さんおすすめです

 

それでも時は流れていく

 

生きていれば出会いや別れがあったり、困難に遭遇したり、いろんな出来事が起こりますね。

ペットロスから立ち直れる日は果たしてやってくるのか?わかりません。でも、無理に乗り越える必要はないと思っています。自然体でこのままで。

それでも時は流れていくもの。

今までそばにいた存在がいなくなったけど、以前と同じように時間が流れていってる。

前と違うけど、前と同じ。

不思議な感覚です。

でもこれは「生きてる」って感覚の一つなんですよね。

今日は、私の個人的なお話にお付き合いいただいてしまいました。ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事