私の目指す『ミニマリスト道』は、丁寧な暮らしをするためのフィロソフィーです。形式とか手順じゃなくて“考え方”としての意味合いが大きいということです。

「数さえ少なければいい」という考えではなくて、丁寧に心地よく暮らせる必要最低限のモノを大切に使いたいという想いでいます。

暮らしの中心にあるものは「心地よさ」。

心が寒〜くなってしまうようなモノの減らし方はしたくありません。


とはいえ、不要になったモノは速攻で捨てずにはおれない性質が身に付いてしまいました(笑。

今度の粗大ゴミの日まで待って....というのはかなり苦しい。

先日パソコンのディスプレーが壊れてしまったので、さきほど新しいものを注文しました。さっそく明日、市の焼却場へ壊れたディスプレーを持って行きます。

ちょっと極端かもしれませんが、「まったく使えないモノとか、使えなくなってしまったモノが家の中にあったら『悪!』」ってぐらいの感覚でいると、少ないモノで暮らすことが習慣づいてくるのではないでしょうか。

習慣づくまでの間は極端なぐらいにやらないと、ついつい “小さな物”って溜まってきてしまいますものね!

これ↑って物理学的にはエントロピーの法則にあたるのではないか、と勝手に思っています。

(エントロピーの法則についての関連記事はこちら⇩です)
▶︎断捨離決行!ついに書類の片付けに突入することを決心したのはナゼ?
 
 
ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事