この角丸のフタがついた、ツルっとした見た目のブリキのボックス。なかなかカワイイでしょう!?IKEAで調達してきました。

とてもお安かったし、見た目がスタイリッシュなのに惹かれて、大小2つGET。

ところが......
使いはじめて、まだ数ヶ月しかたってないのだけれど「中に何を入れたのか!?」さっぱり思い出せないのです!(>o<)うぁっ、これはマズい。痴呆?

いぇいぇ、そうではないと思います。(たぶん)笑。
なぜ、中に何を入れたか覚えていないのか?というと、ラベルがついて無いのに加えて、中身がまったく ”透けて見えない” からではないか!?と思ったんですよね。

断捨離するときは、基本、中に何が入っているかを覚えていない箱は「そのまんま捨てる!」が鉄則ですよね。これ、ほんとうにそうだよね、って改めて思い直しました。

さて、まずはブリキの箱を開けてみます。じゃーん!
ms_box.unclear_1
なんと、中身は文房具類でした〜。箱を開いても、じぇんじぇんトキメキがないですねぇ。このままゴミ箱行きでもいいくらいな雰囲気を醸し出している文房具たち。

「本当にやりたいこと」だけを選別し、それ以外はすべて排除してゆく、ミニマリストのセミアですから。ここで、捨てるか捨てないか?を迷うものがあったら、一つ一つ手にとってみます。

結局、この中に入っているもので救済されたのは、左上の方に見えているカラフルな「ポストイット」のみ、でした。後は、箱ごと全捨ての断捨離です!

ちなみに、この箱はLサイズの方です。Mサイズの方も何が入っているのかわからなかったので、箱を開けてみました。

すると、中には黒いさまざまなタイプの「配線」が、ビーッシリと入れられていました。今の家に引っ越してくるときに、電化製品を新しくしたものがいくつかあって、それらのオプショナルで使うための『線』が、わんさか出てきたんですよね。

この8ヶ月間、一度も「あの線、どこだっけ?」と探したこともなければ、思い出したこともない線たち。しかも、中身が見えないブリキの箱に入って眠っていました。

思い切って、これらの線も全捨て!!(ほんとにダイジョウブか!?)ちょっとだけ心配だけど、きっと平気。思い出しもしないでしょうね。
(´0ノ`*)

こういった、使わない線たちは、もしまた必要になったとしても、買えることが多い世の中になってきましたので、ダイジョウブでしょう!

という訳で、今回のブリキの箱と中身の丸ごと断捨離で気づいたことは、『中身のまったく見えないラベルもない箱に、あまり使わないものを収納するな』です。

季節外れの洋服などは、布製の中身が見えない入れ物に入れて片付けることもありますが、ラベルがついています。

特に、ブリキのように開けにくいものは収納には使わない方がいいな、と肝に命じました。

シンプルライフの極意の一つに、加えておきましょうか。(≧▽≦)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事