自給自足ミニマリストの“美しく食べられる庭”に、ブルーベリーの木を植えました




Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーベリーの樹を2本植えました。植木屋さんの裏山で大切に育てられた美しい樹形のブルーベリーたち。

自給自足ミニマリストは、オーガニックで育てた摘みたて果実をいただきます。

ベランダ菜園や、鉢植えでの栽培にするのもオススメです!

ブルーベリーと一口に言ってもいろいろな品種があるので、どれを選んだらよいのか迷うもの。

「さんざんいろんな品種を育ててきて、これが一番美味しいのよ!」と、味にお墨付きがついた品種を植木屋さんが選んでくれました!

ブルーベリーは美味しく健康に良いだけではなく、植物としても非常に美しく1年中その姿を楽しむことができます。

には白花が咲き乱れ、には美味しい実を収穫し、には真っ赤な紅葉を愛でて、はとっても可愛らしい新芽を見ながら心躍らせることができます。

暑さがやわらぎ、朝晩の空気に少しの冷たさが感じられるようになったら、それは秋植えの植物を植栽するタイミングの合図!

(今朝アップしたブログ記事)
お気に入りの家電について書きました
↓ ↓ ↓

ミニマリストの秋のしつらえ、体の芯から温まるオイルヒーターの節電できるシンプルな使い方

 

ラビットアイ系のブルーベリー

秋植えしたブルーベリー。まずは、こちら↓ラビットアイ系のブルーベリーで、『ティフブルー』という品種です。

実はここ、玄関のそばなんです。

人の出入りが少なかったり、人の目から隠れたところに植えると小鳥ちゃんたちにぜんぶ食べられてしまいます。

ここなら少しは安心かな。人と小鳥ちゃんとで果実を公平に分け合いたいものです。
ms_blueberyry_6
まだ紅葉がはじまったばかりで、グリーンが残っています。

上の写真↑でブルーベリーの樹の奥に見えているのが、アロマオイル(精油)でおなじみのティツリーです。とっても濃い爽やかな香りをもつ葉っぱです。

なんと、20年生のティーツリー樹木。主要な幹をザックリカットしたあとに出て来た新芽が約1.2mほど伸びてきています。

(関連記事)
自給自足ミニマリストのお気に入り、ハーブ・ウォーターを自宅で作り美容と健康に使ったら変形クローゼットにしまう暮らし

 

サザンハイブッシュ系のブルーベリー

こちらは、まだ小さな株ですが、アメリカで特許登録されている『フロリダサファイア』という品種です。

大つぶの実がなります。ほどよい酸味と甘みが絶妙でうま味が濃い品種。

植木屋さんいわく「これ、世界一おいしいブルーベリーだと思うわ!」とのこと。

すでに紅葉がだいぶ進んできていますが、もっと燃えるような「真っ赤」になってきます。楽しみ♪
ms_blueberry_1

この、植木屋さんが味を絶賛している『フロリダサファイア』は、サザンハイブッシュ系に分類されています。

サザンハイブッシュ系でというのは、ハイブッシュ系を品種改良して南(サザン)の地方でも育てられるようにしたもので、沖縄でも栽培できるそうです。

ちなみに、ノーザンハイブッシュ系というのもあって、北(ノーザン)の地方でも育てられるため、北海道まで栽培可能だそうです。セミア家ではこの品種は植えていません。

(関連記事)
憧れの枕木ガーデンが危ない!家を崩壊から守りつつシンプルライフを

 

ベランダ菜園や鉢植えもおすすめ!セミア式で選んでみて

長い間、念願だったブルーベリーの樹を植えられてとってもハッピー♡

見て美しく、食べて美味しく、目にも良い。

鉢植えでも充分育てられますので、ベランダ菜園にもおすすめです!

サザンハイブリット系は、樹高は1~1.5m前後と低めですが、カットしてゆけばもっと小さくまとめられます。

ラビットアイ系は、ぐんぐん株が育ち樹高は2~3m前後になりますが、カットして調整も可能です。実が小さめで甘い果実がいっぱい収穫できるとのこと。

ブルーベリーについてググって、お住まいの地域にピッタリな種類を選んでみてください♪♪

もしくは、セミア式でも!

お住まいの地域の花屋さんで、売ってるブルーベリーの木になっている実を食べ比べしちゃうんですっ。

中には美味しくない実もあるんです。

実が美味しいものを選んで、苗を購入してください。

試食の際には、きれいにぬぐってからネ♪

(˘˘)

ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事