ミニマリスト家で暮らしている犬たちのこと、なんだか心配....

そうイメージする方もいらっしゃるそうです。必要なモノを与えてもらえてないんじゃないか?断捨離し過ぎでオモチャもろくに与えられてなかったりするんじゃないか?といった心配です。

そんな心配を払拭させるようなステキな企画が、今週発売になったばかりの『いぬのきもちち』11月号に特集されています!

最小限のモノでシンプルに生活する、ミニマリストと犬の暮らし」のコーナーに、我が家の兄弟犬の暮らしを掲載していただきました。

今までブログに載せたことがなかった犬部屋の写真も公開しました。

我が家は三角の大屋根なのですが、屋根のあるところの小屋っぽい雰囲気の場所をワン達が寝床として占領しております。

ほんとうに必要な物しか持たない暮らし」のYukikoさん宅で暮らす、白い大きなワンちゃんと白いお部屋も載っていて、見応えありの特集です。


「家の中にモノが少ないほど犬たちが安全に暮らすことができる!」というワンちゃんの専門家のお墨付きをもらい、この企画がスタートしたそうです。

ペットとの暮らしはほんとうに大切なモノだけを選び抜き、シンプルな暮らしにすることで、清潔にかつ安全に生活することができるんです。

住居の中にモノが少ないことで、ワンちゃんの誤飲がなくなり、カビやホコリの害、それからダニの問題も軽減されます。

我が家の兄弟犬は写真を撮られるのが大好き。

カメラマンさんがグッズを撮影しているのに「オレ!オレ!」と近づいていったりして...(写真上)

だから写真を撮るのが簡単で、オヤツとかでつる必要はありません。カメラ目線というよりガン見してて、なんだかかえって恥ずかしいぐらいでした(汗)。

「カワイィ〜」という単語は、自分たちのことを言っているのだと勘違いして覚えてしまいましたので〜(^^;;

この写真は、リビングで昼寝する時に使っているタオル製の敷物の上で、「兄弟なかよく寝ているところを撮りたい」というカメラマンさんのリクエストにお応えして、寝ている兄弟の画像です(爆)。

私が撮った上の写真ではまだ目が開いていますが、雑誌には目を閉じて2匹でスヤスヤ眠っている写真が掲載されています。

実は、彼らが子犬だった頃に、あまりにもやんちゃで困り果ててしまい、寝てもらいたい時に寝かせる技を編み出したんです!

「ねむ〜いねぇ〜」と小さな声で言いながら、私も目をしばしばさせつつ、手をピロピロさせるんです(怪しすぎる!笑)。

すると犬たちは、目がショボショボしてきて起きていられなくなっちゃいます。

ちょろいでしょう!?( ̄m ̄*)
笑っちゃいますね。


なにはともあれ、ペットと暮らしている方、家の中のモノを減らしたい方、シンプルに暮らすことに興味がある方、ミニマリストに興味津々の方、犬が大好きっていう方、『いぬのきもちち』11月号をお手にとってご覧くださいね。
 
 
ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事