墓友ってなに?新しいエンディング、子なし・おひとり様でも安心して老後を迎えられるシステム




Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストをめざすセミアです。

今日は、人生のエンディングを迎えるときの新しいかたちについてのお話です。

自分の最期のことを考えると、非常にこころが落ち着くものです。
 

いちばん多いひとり世帯

 
2010年の国勢調査で一番多かった家族の形態は、なんだったでしょうか!?

ご想像のとおり『ひとり世帯』です。

おひとりさま世帯の方は、そのまま時が流れると ”独居老人” になる可能性が高いです。

彼らは何でも自分で選び、最後までひとりで生き抜いていかなくてはならないのです。

最近、ぼちぼちと老人も入れるシェアハウスができてきました。

老若男女の「おひとりさま」達が入ることができるシェアハウスの話を聞いたことがありますが、素晴らしいアイディアだと思います。

お互いに家族のように助け合うことができるでしょうし、なにより楽しそうです。

そしてさらに!

家だけでなくこんなものまでシェアする時代に突入してきました!
 

墓トモ(はかとも)ってなんだ?

 
sakura
 
最近、お年寄りの間で『墓トモ(お墓友達)』というコンセプトが注目されている、という噂を聞きました。

これは『樹木葬』と呼ばれるシステムのこと。

特定の場所に、墓標として墓石の代わりに樹木(桜の木)を植えて、そのまわりに遺骨を埋葬するタイプのお墓のことです。

平たく言うと、共同墓地なのでしょうがコンセプトが少し違いますね。

まず、生前から本人がこの共同墓地を契約します。

だから、誰と誰と誰が一緒にその場所に入る予定になっているのかが生前からわかっているということです。

複数名で同じ墓に埋葬される『仲間』になるのですね。
 
(過去記事)
元祖ミニマリストの頭の中はこうなってます!片付けとリバウンドを繰り返すヒトの思考との違いはコレだ!
 

墓友(樹木型墓地)のメリット

 

①法事が不要
②管理が不要
③手入れが不要

一括してまとまったお金を生前に払っておけば、あとは永遠に会社がお墓を守ってくれるので、残された家族の負担を軽減させてあげられる。

自分の子供達に墓にまつわる面倒なことをやらせたくないという想いを持つ方々に、この共同墓地が選ばれているそうです。費用は40万円から。
 

生きてるときから墓トモになる

 
申し込み契約後にめでたく墓トモ『仲間』に加わったら、カラオケやハイキングなど生前から墓友みんなで集まり、仲良く遊びながら絆を深めていくことをするそうです。

墓トモの存在は、同じ境遇の者同士が余生を楽しく生きていけるチャンスまで与えてくれる。

独居者同士の場合、お墓を『核』とすることで、個々の人にとってができやすい。

だから、墓友になった人たちはすごく仲良くなるのだそうです。

そして時が流れてゆくと....一緒に楽しんでいた墓トモの中で、徐々に空へと旅立つ人も出てくるわけです。

生き残った墓トモさんが、墓場へ行って、先に旅立ったトモダチに手をあわせる姿もみられます。

(過去記事)

夫の収入を上げる方法は!?運が良くなりたいヒト必見!ミニマリストが実行した大富豪マダムの教えとは!?
 

もっとシンプルなアノ世界

 
もっとシンプルに!もっと自由になれるものがあります。

それは、『海洋葬』

船で沖にでて、海に散骨をするのです。

基本料金は25万円。ひと家族8名までその船に乗船できます。(大型クルーザーで食事付きの場合は40万円)

ワタシはこの海洋葬がいい!

旅立つときは、モノを手放し肉体を手放す究極の断捨離なのだから、また墓というモノが増えるのはいやだし。
 
(過去記事)
黒い洋服ばっかり着ている人はいますか!?ミニマリスト的には何色の服を着るのがいいのか!?

 

スケールがでっかい旅立ち

 
『宇宙葬』というものがあります。

これは、宇宙から散骨をするというコンセプト。

スケールが大きい(@@)

宇宙葬の費用は、骨1gにつき45万円。

プレミアムコースとして、人工衛星プランが95万円+税。要するに、もっと遠いところまで飛んで行って散骨するということですね。

全世界で300人が生前予約しているそうです。そのうちの40人が日本人。

「流れ星になりたい」という方におすすめです。
 

まだ誰も経験したことがない

 
「死ぬこと」を、うっすらと頭におきながら、しっかり生きていく。「命」を大切にしながら生きてゆけると思う。

子なし・おひとり様でも安心して老後を迎えられるシステムをご紹介しましたが、そういった方々だけでなく、「子供に負担をかけたくない」と願う子供アリのご夫婦の利用者も多いそうです。

みなさまはどんな旅立ちの形がいいですか!?
 
 
ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事