ファッション断捨離

40代からの洋服えらび、スタイリストにコーデを選んでもらう4つの理由

私のファッションへの考え方は、50代を機に大きくかわりました。ほぼアウトソーシングで人任せです。今日は私の洋服選びについて書いてみたいと思います。

先日お食事会で初めてご一緒した20代の女性が、「おしゃれですよね〜!」と言ってくださいました。

私は褒めてくださったことに対してお礼を述べた後、「スタイリストさんに選んでもらっているのよ」と答えました。

すると、目をまん丸くしてすごーく驚いていたので、「私の年齢になってくるとね、ファッションや洋服のことよりも、もっともっと楽しいことがいっぱい見つかっちゃうのよ。だからファッション雑誌も見なくなるし、どの服を買ったらいいかわからなくなっちゃうの。だから人に任せてるの。」と補足説明をしてみたんです。

それでもまだビックリ眼でしたけれどね(笑。洋服を選ぶことに興味が薄れてくるということ自体が信じられないという感じでした。私も若い頃は洋服を買うのも好きだったから、そんなこと言うおばさんがいたらきっとビックリしていたと思います。

今の私は、仕事をしてるのが楽しい。植物がとにかく好き。写真を撮ることや文章を書くことも好き。ファッション雑誌を眺めている時間があったら、ガーデンデザインの勉強をしたり植物の育て方の本を読みたいと思うようになりました。
 

シンプルライフのために

「どの洋服を買ったらいいかわからなくなる」という現象が始まったのと、ミニマリスト的思考をしたいと思うようになったのが同時期だったことが、洋服のコーディネート作りをアウトソーシングするきっかけになりました。

自分で「あっ、これいいかも」と思ったファッションアイテムをその都度買っていると、効率的にコーディネートができないことが多くなってくるんですよね。

そして、あまり着ない洋服がクローゼットにどんどん増えてしまう。

シンプルな暮らしをしたいならば、洋服の量は最小限にしたいもの。だから、プロの人に選んでもらうことにしました。

コーディネートを考えて選んだ洋服オンリーだと、限りなく少なくできます。そして時短になります。

以前はクローゼットの中身の写真をブログに載せたこともありますが、今は洋服の量がとっても少ないので、公道を歩いてたら個人が特定されてしまう可能性が大デス。なので、持ってる服がバレてしまう画像はやめておきますね。スッカスカです(笑。
 

とても身近になった同行ショッピング

「私の洋服はスタイリストさんが選んでる」と話すと、「えぇぇ〜、セレブ〜!」と言う人がいます。それは、間違った認識。スタイリストという単語のイメージから誤解が生じてしまうのかもしれません。

実際には、100%選んでもらっているわけではなく、あらかじめ「こういう感じの格好がしたい」とか、「この色はあんまり好きじゃない」とか、「こういう形のが欲しい」などと、リクエストを出します。もちろん、「それはムリです」とか「ガンバってる感が出過ぎちゃいます」とか、はっきりアドバイスもくれますけれどね。

それから、予算も自分で決めます。

「1万円で揃えたい」という大学生がいたら、その予算内で素敵なコーディネートができるように探してくれるし、「ユニクロだけで揃えたい」などのブランドのリクエストがあれば、その店内で最高のコーデを選び出してくれます。

高いブランド服だけを扱うのがスタイリストさんの仕事ではないんですよね。

ファッションを知り尽くし、センスを磨き続けるプロの人は違います。いつもすごいなーと思って見ています。

トップの写真のカーキー色の袖なし秋物ブラウスは、彼女が選んでくれた超お気に入りのファッションアイテムです。私の大好きな襟の形のものを見つけてくださいました。

この襟の洋服は結構出回っていますが、私の体型に合うものはそうそう見つかりません。それからすぐ「この生地暑い」とか文句をいうものですから(笑)、素材や着心地の良さも吟味して選んでくださいます。
 

興味ないなら買わなきゃいい!?

ファッション雑誌も読まないし流行にも興味を示さない。ならば、洋服なんか買わなきゃいいじゃんという意見もあるかもしれません。

けれども私は自営業者。自分自身が店舗のようなものですから、「健康に見える似合う洋服」は必要。変な格好をしていたら、私を選んでくださったお客様に対して失礼です。

業種にもよりますが、私の知っている男性の自営業者の方々でもスタイリストさんがついて同行ショッピングをする人は多いです。

ただ、私としては仕事やステータスに関係なくプロの人に任せることはお勧めしたいです。コーディネートをプロに選んでもらうことのススメ、その理由は4つ!
 

・洋服の無駄遣いが激減する
・洋服の量がぐっと減らせる
・朝出かける前にサッとコーデが決まる
・おしゃれのカンが少し戻る

 
40代からの洋服えらびでオススメしたい、スタイリストにコーデを選んでもらう4つの理由です。
 

身近な若者に頼むのも一手

人に洋服のコーデを選んでもらうのがオススメなのは、特に「どれを買ったらいいかわからない」というお年頃になった中年期以降の方です。

プロの人に頼むことを躊躇してしまうという方は、周りにいる若い女性に同行ショッピングをお願いするのもいいかもしれません。

若ければいいというわけではなく、「ファッション雑誌を読んだり道ゆく人を観察して流行にもわりと敏感な女性」です。

娘さんとか姪っ子さんなど親類縁者とか、知り合いのお嬢さんとか。ただ、報酬は少額でも出すべきですね。謝礼が出るということなら、それだけ真剣にやってくれるはずです。

知り合いになったセンスのいい人に頼むのもいいかもしれません。洋服が大好きな女の子って、他人の洋服を選んであげるのも好きですよね。

人生は思うより短い。
短縮できるところは、どんどん時短していきたい。
興味がないことには手をつけない。
選び抜いたことだけをして生きていきたい。
そう思っています。
 
 
ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

関連記事

  1. ファッション断捨離

    洋服の捨て方・洋服の選び方の前に考えてみるべき事って何ですか!?

    大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストをめざすセミアです。…

  2. ファッション断捨離

    ファッション断捨離7:洋服全部見せ収納はミニマリスト的な生き方の為になるのか!?

    『ファッション断捨離』を機に、洋服の片付け・収納方法を考え直してみまし…

  3. ファッション断捨離

    この夏、買ってよかったファッションアイテムNo.1が決定しました!

    2016年、夏のファッションアイテムの中で「買ってよかったNo.1」を…

  4. ファッション断捨離

    春のファッション断捨離、残ったジャケットや軽いコートの画像です

    大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストをめざすセミアです。…

  5. ファッション断捨離

    タイツとストッキングの狭間でもう迷わないシンプルライフ

    大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストをめざすセミアです。…

  6. ファッション断捨離

    ミニマリストの流れショッピング、夏用のピンクベージュの薄手ストールで寒さ予防

    「これだーい好き♪」と思うモノしか所持したくない、ミニマリスト思考が身…

人気記事

スポンサードリンク

スポンサー

アンケートにお答えください

コメント&メッセージ

スポンサードリンク

最新記事

  1. 乾燥肌にも健康にも良いオイルはこれ!加湿器はクローゼットに収…
  2. 最近使っている基礎化粧品は、年齢肌に合わせてシン・ピュルテに…
  3. 本や書類や段ボールを片付けて健康に!紙モノの断捨離でアレルギ…
  4. 我が家のパントリーにある常備食材を紹介します!暮らしブログリ…
  5. シンプルライフを取り戻す1週間がはじまります!さらばGWよ!…
  6. 妻のトリセツを読んで言い方に気をつけよう!夫婦喧嘩の根本解決…
  7. 少ない洋服で着回すコーデを可能にするエアークローゼットを利用…
  8. ひたすら書類を整理して収納する休日、イケア の白い箱と紙のデ…
  9. いろいろな出来事があった1年でした、それでも時は流れていく
  10. 家を片付ける物語ネット配信、こんまり式で物を手放し収納整理す…

ファッション断捨離の特集

ファッション断捨離 カテゴリー
40代からの洋服を選ぶ&捨てる

ファッション断捨離

インスタグラム更新してます

アーカイブ

コメントへのお返事

試験的にまたコメント欄をオープンにしてみます。

恐れ入りますが、コメント欄にいただいた質問に対して直接のお返事は書き込まず、可能な限り記事内で答えてゆく形にさせていただきます。

どうぞご了承くださいませ。

  1. 健康・美容シンプルライフ

    体のほとんどは水!ミニマリストでも決して節約してはいけない水に関する話
  2. キッチン・台所をシンプルに

    逃げ恥でガッキーが選んだ白い炊飯器、美味しくご飯が炊けます
  3. 本・紙・写真の片付け

    写真の断捨離してしまいました!家族もアッと驚いたアノ写真まで!
  4. ファッション断捨離

    ファッション断捨離3 古い洋服でも古めかしく見えないもの3点の画像あり、20年前…
  5. 本・紙・写真の片付け

    写真の断捨離でわかった、夢が叶えば過去のイヤな経験も輝きだす法則
PAGE TOP