これまで2回にわたって話題にしてきた、コーディネートされた3着の服を送ってくれる洋服レンタルサービス『エアークローゼット』について、新たな報告です。利用の満足度、継続についての考えなどをお伝えします。

「洋服の量をもっと減らしたい」
「クローゼットの中は洋服で溢れかえっている」
「なぜか着てない洋服が捨てられない」

このようなお悩みを持っている方もたくさんいらっしゃいますし、思い切って着るものを制服化してすっきりとミニマルに暮らす方もおられます。

このエアークローゼット / airCloset というサービスは、シンプルな暮らしにしっくり役立つのか?洋服をミニマリスト化できるのか?お金の節約になるのか?最初のころは、はっきりとはわかりませんでした。

サービスを利用し始めてから、来週で4ヶ月になります。

良いのか?悪いのか?はっきりわからないなら、「もうやめようかな」と思ったことも何度かありました。

ですが、ここにきて「続ける」という決断をするに至りました。

その理由は、主に2つです。

⑴好みやニーズが伝わるようになったから
⑵少しづつ痩せてきたから

この2点についてお話ししていきます。

【エアクロに関するその他の記事】はこちらです↓

⑴好みやニーズが伝わるようになった

エアクロのサービスは、個人アカウントに書かれた「NG洋服」や「体型」に関する情報を元に、スタイリストさんが洋服をコーディネートしてくれるのですが、会ったことがない相手のファッションをコーデすることになるわけですよね。

「文字」と「数字」と2次元の「写真」のみで、似合うか?新鮮か?サイズはピッタリか?好みに合ってるか?を吟味しなくてはならず、スタイリストにとって大変な作業ではないかと思います。

そんなわけで、初回からイイ感じのコーデが届くとは限りません。

現に私も最初の頃、コーデが自宅に届いて、速攻で送り返したことが何度かあったのです。「ギョギョッ!こんなの着て外に出れない!」と思ったからです。

送られてきたコーデについて、「こんなところが良かった」「こんなところは嫌だった」と、意見を毎回書くシステムになっているのですが、なんだかクレーマーみたいで嫌だなと思いながらも本音を書いていきました。

それらの情報が積み重なってきたいま、「なかなかイイかも!」と思えるようなコーデを選んでもらえつつあります。

このような変化がみられたため、このまま続けてもいいかなと思うようになりました。

先日、デパートで洋服を少し試着してみたのですが、やはり自分で選ぶのはしんどいです。時間がかかります。

このような体験をして、改めて「エアクロの便利さが身にしみて分かる〜」と独りごとを呟いてしまいました。

◾️関連記事

⑵少しづつ痩せてきたから

エアクロを継続しよう!と思い立ったもう一つの理由は「少しづつ痩せてきたから」。

実は10日ほど前から、フルーツ・ダイエットを始めました。

ダイエットというと「痩せるために必死に頑張る」みたいなイメージがありますが、そういうものではないのです。

果物の良さを充分に受け取れるような「食べ方」をするだけです。もちろん、悪く作用するようなフルーツの食べ方を避けることも大事。

このようにフルーツの「食べ方」を変えただけで、少しづつ体に変化が現れてきたのです。昨年はパンパンだったブラウスやパンツがするっと着れるようになったり、顔が浮腫まなくなりました。

フルーツが大好きなので、このまま続けていくつもりです(というか、良いことづくめでやめられません)。

ということは...今後も、もしかしたら少しづつ痩せてくる可能性があるのです。

もしそうであれば今は、洋服は絶対に買いたくありません。

現在は、適正体重よりダックスフンド2匹分ほどオーバーしている私です(笑。

もし適正体重に戻るのであれば、その時に新しい服を買い足したい!と、「取らぬ狸の皮算用」をしてしまうのでございます。

少なくとも、猫一匹分ぐらいは減るんだろうなという手応えがあるため、洋服を絶対買いたくない。だからエアクロさんに引き続きレンタル洋服を送ってもらいたいと思ったわけです。

◾️関連記事

アノ人も始めたエアークローゼット

先日、経済評論家の勝間勝代さんがエアークローゼットを始めた!とおっしゃっていました。私と同じ50代の勝間さんも、これは便利だ!と感想を述べておられました。

勝間さんの場合は、まったく洋服に興味がない とのことでした。それでも社会人である以上は適切な洋服が必要ですよね。

エアークローゼットの最大の魅力は、選んでくれること。時短(時間短縮)につながること。

時短によって、「暮らしのシンプル化」や「効率の良い動き」が可能になり、そして何より「人生」に余白というスペースが生まれてくるのではないでしょうか。

子育て、仕事、介護、人付き合い....。忙しい現代人にとってありがたいサービスだと思います。

(なお、こだわり派のオシャレさんには合わないかもしれません。過去記事をご参照ください

継続の報告もしていきます

そんなこんなで、エアークローゼットをこれからも継続することにしました、という報告でした。

次なる目安は、適正体重に戻ったとき。

もしそうなったら、少ない服で着まわすようにカプセル・ワードロープに戻ることを考えています。

◾️参考記事

その時にもう一度、エアクロを止めるか?続けるか?について検討しようかなと考えています。

どうなるかわからないけれど、また途中経過などお話ししていきたいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事