MYシンプリシティー

ミニマリストとしての基礎体力は子供時代につくりたい!社会の構造を知っていないと買わされた体質に

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へにほんブログ村 その他生活ブログへ

ミニマリスト』であることと、資本主義社会の仕組みについての知識は、どう関わっているのか!?のお話しです。

甥っ子達が、12歳〜13歳の時に『資本主義社会について』の講義(!?)をしました。

彼らの今後の人生がどうなるか!?に関わる非常に大切なことだったので、知っていて欲しかったのです。

ネット新聞か何かで、知った背筋がゾッとした記事。幼児がしゃべる単語は『商品名』が多くを占めているのだそうです。

幼児達はミッキー、キティー、など好きなものの名前から覚えてゆくのだから、確かにそうなってもおかしくないですよね。

でも、恐ろしいです。企業戦略にピッタり乗せられてしまっている例なのですから。しかも、こんな小さな時からです!

(関連記事)
モノを減らしシンプルに生きたい!ミニマリストになりたい!でも、行動できないならば

初めて気づいたモノの値段のマジック

私が小学3年生くらいだったある日の出来事。母親から買い物を頼まれ、スーパーに行きました。

「トイレットペーパー買ってきて」と母に言われたので、「どんな種類の?何色の?」と聞きました。売り場にはいろんなのが売ってるから。

すると母は「一番安いやつでいいんじゃない」と言いました。

スーパーに到着してみると、赤文字で大きく『お買い得』と書かれたカードが見えたので、「あ、これこれ」と思って手にとってみたら、その下の方に置いてあったトイレットペーパーがなんとなく気になりました。

ぱっと見、そちらの方が安いんじゃないか?という気がしたからです。

でも、パックの中のトイレットペーパーの個数は違うので、計算してみることにしました。

一パックではなく、割り算をしてトイレットペーパーロール一個あたりの値段を割り出してみました。(もちろんロールのmも見て)

すると、赤文字で大きく『お買い得』と書いてあったトイレットペーパーは、ぜんぜんお買い得じゃない!?

まだ子供だし、不思議に思って別のトイレットペーパーの1ロールあたりの値段も出してみたら、『お買い得』と書いてあるものは3番目に安かった。

そう、1番安いのと2番目に安いのは、赤文字で大きく『お買い得』と書かれたものよりさらに安かったんです。

この時の体験は、世の中では『モノを売るときには本当のことを言っているわけではないんだな』という事実を知ったきっかけとなりました。

(関連記事)
片付いてる人のオーラ、会っただけでわかってしまう!ミニマリストな片付け専門家の見たてとは!?

ミニマリストに片足突っ込む

この小学生の時のお使い事件から、『誰かの意図に従って、モノを買うのはバカバカしい』と思うようになりました。

そしてこの時から、「値段的に安くお得なものを選択」するか、もしくは「値段は関係なく一番好き(欲しい)ものを選択」するか、そのどちらかが選択基準になりました。

そういった『買う』ときの選択基準に加えて、ミニマリストにとっては、『買わない』選択もあるよ、ということを心にとどめておくことも大切ですよね。

この意識が無いと、特にそんなに強烈に欲しいとは思ってないけど、「なんとなく買っちゃった」ってことが増えてしまいます。

(関連記事)
シンプルライフのために、美味しいものだけを選び抜く!舌をだます食品は断捨離すべし

このタイミングでは絶対買わない!という基準

もちろん、昭和の超バブリーな時代に学生だったセミアは、そんな「なんとなく買い」だって経験しています。

ただ、一つだけ小さい時から続いてて、今でも守り抜いているポリシーがあります。

それは、「バーゲンでは買い物しない」ということ。

ところが、女子同士で「今度の日曜日さー、ルミネのバーゲン行こうよ〜」という話しの流れになるんですよね。

そういう時は、お友達と一緒にバーゲンに行きます。買い物目的ではなく、交遊として。

でも、ポリシーを曲げて行ったバーゲンで、やはり何か買ってしまうんです。

いくら「バーゲンでは買い物しない」と心に誓っていても、女子同士のノリのよさでつい買っちゃったり、「この先買えないかもしれない!」という思い込みで!?買っちゃいますね。

(´0ノ`*)

だから、バーゲンには足を運ばないにこした事はない!そう言えます。

バーゲンで買ったものの中には、ほとんど着ないものがいっぱい!

これは、困ったことですねぇ。

値段の高低に関わらず、「大好き」って思える洋服のみ購入したいものです。

それが、持たない暮らしに繋がる大前提ですものね。

(記事)
ミニマリストのお誘い言葉、シンプルライフを楽しくするために

子供達といっしょに考えたい、買わされ文化

「ゲームは、誰が作ってくれてるの?」
「TVのポケモン番組は誰が作ってるの?」
「何のために?」
「それから、どうしたいのかな?」

甥っ子達に質問を投げかけて、ディスカッションしてゆく。

そんな感じで、どんどん掘り下げてゆくと、最終的には「誰かが儲かるために仕掛けている」構造が見えてくる。

自分の持ってる時間やエネルギーと、その会社が売りたい商品を、「交換する価値がある」と『自分』で思った場合のみ、アクションをとること。

「売りたい人の意図通りに買ってあげる必要はない」

「売る人が主体でなく、自分が主体になって買うかどうか決めるものである」

「本当に欲しいものだけ買う」

ミニマリストであることは、本質的な生き方をするということ。

ここから軸がブレないように、生きてゆきたい!
最後までお読みいただきありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
ブログ村ランキングへの応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

関連記事

  1. MYシンプリシティー

    ブログの在り方を見直すことにしました〜MYシンプリシティー

    大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストをめざすセミアです。…

  2. MYシンプリシティー

    夫が2000万円の絨毯にビールをこぼした日。夫婦の連帯責任はどこが境目なのか!?

    配偶者やパートナーに対して、皆さんどのくらい連帯責任を感じるものなのか…

  3. MYシンプリシティー

    顔のたるみも断捨離したい!頬がたるんだ顔でも、美人に自撮りできる方法とは!?

    40代以降のエイジング女子のための、若く見えるスマホ自撮り方法について…

  4. MYシンプリシティー

    【最近の人気記事リスト】ちっともミニマリストじゃない時。心と頭の中がブログにも表現される

    こんにちは!(⌒‐⌒)自分にとって必要なことを一瞬で見極める心豊かなミ…

  5. MYシンプリシティー

    インプット&アウトプットしながら、2018年をクリエーティブに過ごそう

    今年も健やかな年明けを迎えることができました。誰かれかまわず♡…

  6. MYシンプリシティー

    背負うモノもミニマルにしてゆきたい、執着を捨て責任がとれるコトだけをする老後計画

    大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストをめざすセミアです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

スポンサードリンク

スポンサー

アンケートにお答えください

コメント&メッセージ

スポンサードリンク

最新記事

  1. 最後の引っ越しで理想の暮らしを手に入れる為に大切な3つのこと…
  2. 洋服をコーデしてくれるエアークローゼットを継続することにした…
  3. ライフスタイルを改善させて、老けた手肌の女を卒業する方法
  4. 紙モノ断捨離が終わり、書斎のデスクの上がミニマルに片付いたら…
  5. 洋服を選んでコーディネートして宅配で送ってくれるサービスはミ…
  6. 乾燥肌にも健康にも良いオイルはこれ!加湿器はクローゼットに収…
  7. 最近使っている基礎化粧品は、年齢肌に合わせてシン・ピュルテに…
  8. 本や書類や段ボールを片付けて健康に!紙モノの断捨離でアレルギ…
  9. 我が家のパントリーにある常備食材を紹介します!暮らしブログリ…
  10. シンプルライフを取り戻す1週間がはじまります!さらばGWよ!…

ファッション断捨離の特集

ファッション断捨離 カテゴリー
40代からの洋服を選ぶ&捨てる

ファッション断捨離

インスタグラム更新してます

アーカイブ

コメントへのお返事

試験的にまたコメント欄をオープンにしてみます。

恐れ入りますが、コメント欄にいただいた質問に対して直接のお返事は書き込まず、可能な限り記事内で答えてゆく形にさせていただきます。

どうぞご了承くださいませ。

  1. 住まい風水シンプルライフ

    猛暑日も快適なシンプルライフ、家の空気を回すだけで電気代節約にもなるってホント?…
  2. 片付け・収納

    変形クローゼットの片付けと断捨離、ミニマリストらしく収納したい
  3. 食べるシンプルライフ

    サイキック地震情報で考えさせられ、我が家の非常食これにしました!
  4. 住まい選びのヒント

    玄関から運気を呼び込むシンプルライフ、最近みかけた風水NG特集!
  5. ミニマリストの紹介

    ミニマリストの紹介、世界で最も必要最小限の生活をする本物の人
PAGE TOP