キッチンをリフォームする予定の方や、これからお家を建てる方には、「IHクッキングヒーター」をおすすめします!

本日は、前半ではIHの良いところ、後半では、IH(電磁調理器)に対する悪い噂を払拭するため、「実際はどうなの?」というところについてもお話しさせてください。

IHクッキングヒーターは、どの家庭にもおすすめだけれど、特に、子育てが一段落した(しそう)な人、リタイア後の夫婦暮らし、独身者、などなどの方には特に、IHクッキングヒーターをおすすめします!

ホント、人生が楽になる。

IHは、老後もひきつづきシンプルライフをおくるためのよき友となるでしょう。

【IHを選ぶ理由】

①老後の生活に安心安全
②毎回キレイに掃除できる
③排気口が横につけられる
④キッチングッズの断捨離ができる
⑤電磁波の問題は克服済み

 

①②我が家ももちろんIH

セミア家では、昨年キッチンを選ぶときに、なんの迷いもなくIHクッキングヒーターを選択しました。

もう50代だったから、という理由もひとつあります。これから先のことを考えて。

老人だけの住まいには、火を使わず、消し忘れても自動で消えるIHは安心です。

でも、それが選んだときの一番の理由ではありません。

IHの魅力は、なんといっても清潔に保てること。

ガスレンジだと隙間にいろいろなものが入り込んでしまい、お掃除がたいへん。

でも、IHはデコボコがありませんから、毎回ちゃんと綺麗に掃除することができます。
ms_ihcookingheater

③IH対ガス、火のまわり加減により煙の方向が違う

ガスコンロの火で調理をすると、煙が高く上へと登ってゆきます。

IHクッキングヒーターで調理をすると、どんなに強火で調理しても煙の高さが低いのが特徴です。

ですのでIHの場合は壁際の低い位置に排気口を設置することができます。

これは、いいですよ!

上の写真↑で調理器のすぐ上あたりについている、小さな長方形のものが、排気口になります。

スイッチは、右下方にある小さなつまみのみ。

とてもシンプルなのです。

炒め物をしたりすると油は飛びますが、毎回のお料理後に拭きとるだけですぐにキレイになります。

ガスレンジの時は、年に一度の大掃除の時しか羽をとって洗ったりフィルタを変えたりなど、してなかったよな〜。

ちなみに、横型の低い位置に設置する排気口ですが、ガスコンロに使うのはちょっとキツいです。というか、やめた方がいいです。

上まで登っていった煙を全部拾えないかもしれません。

そうすると、天上まで煙が上がって行ってしまいますので、天上が汚れたりエアコンが油を吸い込んだりしてしまうから良くないですね。

④IHに変えるときに断捨離するもの

IHに対応しているお鍋でないと調理に使えないので、普通の鍋(IH対応でない)を全部断捨離しました。

今は、ホーローの大小のお鍋シャスールを使っています。

とてもセンスの良い暮らしをしていらっしゃる、ご近所のお料理教室の先生が推奨している熱伝導率が非常に良いお鍋で、半額で分けてくださったものです。

調理時間が非常に短くなりました。

IHって電磁波が出てて有害なんでしょ?という噂

先日、「IHクッキングヒーターって怖いですよね!健康を害するので気をつけましょう!」と注意を促している投稿を目にしました。このような間違った情報が蔓延している為、それを読んで信じてしまった人が何人いるのだろうと思うと、気の毒でなりません。

実は、IHが危険な数値の電磁波を出していたのは昔の話し。2013年くらいから、基準値を超えた電磁波が出なくなってきています。

セミア家では、昨年キッチンを選ぶときに、なんの迷いもなくIHクッキングヒーターを選択しました。

私たちより一年ほど前にキッチンをリフォームした両親も、IHを選んでいます。

両親がキッチンリフォームする際に、いろいろ調べていたら日本の住宅から電磁波問題を無くすことを目的とした協会に行き当たりました。

そこでは、いろいろな会社の色々な型番のIHクッキングヒーターで、実際にどのくらいの電磁波が出ているのか?を測定していました。

昔の型のIHと今のでは雲泥の差があるし、各メーカーによって電磁波発生値に大きな差があるようです。

我が家の昨年から使っているIHはP社のもの。電磁波の数値を測定しましたが、もちろん大丈夫でした。

2012年くらいの製品だと、まだ電磁波の数値に問題があったようです。

日進月歩ですね。さすが日本企業です!

一般社団法人日本電気工業会ページでは、『IHクッキングヒーターでの調理時に生じる電磁波は、現在最も信頼のできる国際的な機構(ICNIRP)が制定したガイドライン値を大幅に下回っています』と記載があります。

日本のIHから電磁波問題がなくなったワケは

IHを毛嫌いする人の言い分のひとつに「IHは日本特有のもので、電磁波が有害だからヨーロッパでは普及してない」というものがあります。

これは、IHができてきたばかりの時の話しです。今はもうシチュエーションが変わってきています。

確かに、大手メーカーが製造しているIHクッキングヒータは、発売当初は非常に高い数値の電磁波を出していました。

ヨーロッパ主要国では、電磁波を出す家電の販売を国が禁止しているのです!

だから、日本のIHは普及しないどころか、市場に出れなかった。

我らが日本の電気メーカーさんが、このまま黙っていると思いますか!?

ん、なわけないですよね。

改良に改良を重ねていって、電磁波の値を基準値以下に押さえたものができてきて、現在はヨーロパでもIHが普及してきています。

情報社会だからこそ、自分軸を持ちたい

今日は、IHクッキングヒーター(電磁調理器)のことを取り上げましたが、何事においても『変化』してゆくのが、とっても早くなってきてると思いませんか!?

世にはびこる「怖がらせ情報」に振り回されず、きちんと自分で確かめることの大切さをひしひしと感じています。

ではでは、みなさま良い週末をお過ごしくださいね〜♪♪♪

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵
読んでいただき m( . . )m 感謝
♪見たよ!の1クリックおねがいします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
▲いつも応援ありがとうございます▲

 

【備考】

電磁波は、波長や性質によって、さまざまな種類に分類されています。マイクロ波や赤外線や放射線などは電磁波に分類されます。

家電製品が発しているのは、波長が長い「超低周波」で電磁界と呼ばれています。

IHクッキングヒーターは、この超低周波ではなくて「超長波」という種類の波長を出しているのだそうです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事