モノが外に出ていないことを望む、ミニマリストセミア家では、“終の棲み家”に収納量が多いクローゼットを1つ設けました。階段の下です。

なにせ、階段の下なので、天上が斜めの部分もあります。斜めの天上の部分にも2種類あって、かがんでモノを取るところと、這ってモノを取る低さのところがあります。

そうかと思えば、人間の背丈よりもだいぶ高くなってる部分もあるので、縦にも空間がある「変形クローゼット」です。

隙間を生かしてつくったこの場所、いろいろ入るし便利で非常に気に入っています。

でも、モノを持たない暮らしをしているつもりなのに、ほおっておいたら、どんどんモノが増えいってしまうんです!ホント恐ろしいですね(@@)。
ms_woorong_2
この階段下の変形クローゼットの中には、もう10年くらい使っている、押し入れ用の金属の棚が2つ入っています。その棚には掃除用具やテッシュなどの在庫が入ってます。最近気づいたのですが、所々サビがでてきていました。古いですからね。。。

また、空間が高い部分には、1000円くらいで買ったプラスチックの細くて背が高めの細長い棚?のようなものが置いてあります。スタッキング式のプラスチック製カゴのようなものを重ねてるだけだから、軽いのでモノを置くとしなります(^^;;。「倒れたらど〜しよ〜」と、ドキドキしながらタオルなど軽いモノを入れています。

でもそれが、気づかないうちにシナっておりまして、留めるところが曲がってしまい、元に戻らなくなっておりましたのです(汗。

クローゼットの中だし、ちゃんとモノがしまってあれば、それなりにきちんとして見えるので古いものを再利用していましたが、やはり『クローゼットを開けたらトキメクようにする』と決めた以上、この変形クローゼットの中も気合いを入れて、ちゃんとしよう!と思い立ちました。

天上が高いところ、腰をかがめるくらいのところ、這ってモノをとるところ、などさまざまな場所の縦横のサイズを計りました。

そして、トキメキのクローゼットの中身にするために、木製の棚を探しました。これがなかなか気に入ったのが見つからず苦労しました。

やっとのことで見つけたものは、杉の木を使った頑丈な棚です!高さや形とも理想的だったので、発注しました。

おそらく、あと2週間ほどで届くと思います。その時には、中身を写真に撮ってみますね!

そして、それまでの間にクローゼットの中身、断捨離アゲインです。

引っ越した後に必要だと思ってとっておいたもので、やっぱり必要なかったものがいくつかあります。それらを処分して、クローゼットに入るものを厳選しておいて、新しい木製の棚に並べてゆきたいです♪♪♪

ちょっとワクワクしてきました!棚が届くのが楽しみです!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事