ミニマリスト選ぶ捨てる

ミニマリストの断捨離No.1アイテム、ハガキを受け取ったら嬉しい?それとも迷惑?

今日は、ミニマリストの大敵である、勝手にポストに投入される「チラシ・広告」に次ぐ速攻断捨離アイテム『はがき』について、最近感じたことをお話しさせてください。

皆様は、ハガキを受け取ったとき嬉しい気持ちになりますか!?それとも!?

先日、大手企業に勤めている友人がこんなことを言っていました。

「ハガキ作戦を実行して、ある支店の売り上げを3億円ほどアップさせて危機を救ったことがあるんだ」と。

「だからもう一度そのプロジェクトをやろうと思ってるんだけど、どう思う?」とアドバイスを求められました。

セミアはすぐに「それってさぁ、もしかして10年以上前の話しなんじゃない!?」と言いました。

すると彼は「そうだよ」と答えました。

「だったら、もうそれは今の時代にそぐわなくなってると思うよ」とキッパリいっちゃいました。

ちょっとキツい言い方をしてしまったかな、と反省。

ハガキを送ると聞いたら、なんだかイラッとしちゃったみたい。

その理由を、これから書いてゆきますね。

(関連記事)
断捨離ルーティンに決定!だんだん溜まるキレイな紙袋、「もったいない病」は大丈夫?

 

ちょっと前のハガキやDMに対する反応は違っていた

私は普段、自宅のポストに入っているチラシやDMハガキなどは、そのまま資源ゴミの紙袋の中に入れます。

“そのまま”というのは、ちゃんと読んだりしないという意味です。

一つづつ手にとって、一瞬で見極めます。

すると「あ、これはいらない」と、読まずとも断捨離かどうか?がすぐ分かります。

ミニマリストを目指すようになる前は、気になるお店のご案内チラシとか、プレゼントが貰えるハガキとか、ちょっとの間とっておいていました。

昔は大好きなお店から届いたスタイリッシュな写真のハガキなんかは、嬉しくてキープ箱に入れてとっておいたものです。

けれども今では、綺麗なハガキであっても速攻で資源ゴミの袋にそのまま入れるようになりました。

どうして、こんなにも速攻で捨ててしまうようになったのだろう!?と考えてみました。

(関連記事)
シンプルライフを彩るカラーの魔法、調和がとれたセラピュティックな色合いの選び方

 

なぜハガキを受け取るとイラッとするのか?

最初に浮かんできたのが、現代における「情報量の多さ」。

今の時代、人々はひっきりなしに入ってくる大量の情報に、嫌気がさしています。

ハガキも情報をのせてくるモノの一つ。

だから、ネットでやってくる情報でなくとも、ハガキを受け取っただけで、も〜、やんなっちゃうのではないかと。

さっきランチを食べたばっかりなのに、すき焼きを持ってこられているような(笑)、そんな感じ!
ms_hagaki.blank

ハガキを一番いっぱい送ってくる事業はどこ!?

セミアは現在、美容院難民でございます。

かれこれ2年くらいはこの状態。

18年間、髪をカットしてくれていた大好きなYさんが体調不良のため引退してしまったのです。

それ以来、いろんな人から美容師さんを紹介してもらっては訪ね歩き、やっぱり合わないから通わない、ということが続いています。

そんな中、ヘアカラーをしてもらう美容院だけは固定化されました。

自然界のものを使って髪が痛まないように染めてくださるのです。

ホントに痛まないので、セミア世代にとってはありがたいこだわり美容室です。

(関連記事)
シンプルライフの質が格段に上がる!情報の断捨離を決行しなくてはいけないワケとは!?

 

次々にハガキが舞い込む!

ところが(@@)

ここの美容院が、沢山のハガキを送ってくるのです。

「なぜここまで!?」と思ってしまうくらいの量です。

まず、美容院に行った翌日に1枚届きます。主にお礼が書いてあります。

2週間後位にまたハガキが届きます。よもやま話しのような内容です。

30日過ぎると、またハガキが送られてきます。そろそろカラーする時期じゃない?と実直には書いてないけど、そんな雰囲気醸し出しています。

その合間に、月刊の新聞のようなものが封書で送られてきます。スタッフ一人一人の近況が漫画で描かれています。

それら意外には、何かのクーポンをくださる場合は同封ではなく別の封筒で送られてきます。

セミアのちょっとした怒り、おわかりいただけますか!?(´Д`゚)

ハガキを受け取る度に、イラッとしてしまいます。

もう今では読まずに速攻で資源ゴミの袋に入れてますが、その労力さえも惜しいと思ってしまいます。

私は普段、イライラしない性質なので、自分がそのような感情を抱くこと自体が嫌です。

(関連記事)
白い部屋、白い洋服、白い物…白ばっかりの暮らしをしてる人はいますか?色のちからとシンプルライフ

 

ハガキを送りつけてくるか否かでお店を選ぶ時代!?

もしも、まったく同じ技術を使って自然にヘアカラーしてくださるところが見つかったとしたら、迷わず鞍替えするでしょう。

イラッとするのも精神衛生上よくないですしね。

とはいえ、本人に面と向かって「ハガキを送らないで!」とは、なかなか言いにくいものです。

だって、一生懸命にやってることだし、求められてないダメ出しはすべきではないしで。。。

その時代にあった作法で

こんな出来事もあって、冒頭にでてきた友人の「ハガキを出す」という企画の話しに、敏感に反応してしまったのかもしれません。

でも事実ですし、私と同じように感じる人もいるのではないかと思います。みなさまはどうですか!?

10年ちょっと前は、ハガキを受け取ると嬉しい時代でした。

今ではだいぶ人々の意識が変化している。。。

ハガキを受け取って嬉しいのは、いまやネットに繋がっていない(情報過多になってない)世代の人達だけ?かもしれません。

私の母も同世代の友人達に手書きの絵を描いたハガキを送ったり、送られたりして楽しんでいるようです。

10年前に上手くいったハガキプロジェクトは、現在では受け止められ方が真逆になっている可能性があるので、こちらサイドの『気持ち』が伝わるように、違うやり方でお届けすることを検討してみることを、おすすめしました。

時代の波を読み、ちまたの様子を察知することって大切ですね。

いまや、ハガキを送りつけたら嫌われてしまいかねない時代になっているのですから。

 
 
ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

関連記事

  1. ミニマリスト選ぶ捨てる

    フツーの家にあって、ミニマルな我が家に無いもの。それは?

    私が断捨離したものの中で、けっこうな率で驚かれるモノ。それは、『電話』…

  2. ミニマリスト選ぶ捨てる

    ミニマリスト家のクリスマス★ワンちゃんのサンタ姿だけで終わり!?実は結婚記念日なのです

    我が家のワン達がトリミングに行って、お姉さん達にサンタさんのコスチュー…

  3. ミニマリスト選ぶ捨てる

    2016年の紙モノの片付けが終わり、物も心もミニマルに新年を迎える

    きのう年末の紙モノ断捨離が完了しました。残念ながら、ごみ収集は…

  4. ミニマリスト選ぶ捨てる

    ミニマリスト危うし!断捨離が終わったのにモノが増えている理由とは…

    つい先日「モノが少しづつ増えている傾向にある」ということを書いたばかり…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事

スポンサードリンク

スポンサー

アンケートにお答えください

コメント&メッセージ

スポンサードリンク

最新記事

  1. 最後の引っ越しで理想の暮らしを手に入れる為に大切な3つのこと…
  2. 洋服をコーデしてくれるエアークローゼットを継続することにした…
  3. ライフスタイルを改善させて、老けた手肌の女を卒業する方法
  4. 紙モノ断捨離が終わり、書斎のデスクの上がミニマルに片付いたら…
  5. 洋服を選んでコーディネートして宅配で送ってくれるサービスはミ…
  6. 乾燥肌にも健康にも良いオイルはこれ!加湿器はクローゼットに収…
  7. 最近使っている基礎化粧品は、年齢肌に合わせてシン・ピュルテに…
  8. 本や書類や段ボールを片付けて健康に!紙モノの断捨離でアレルギ…
  9. 我が家のパントリーにある常備食材を紹介します!暮らしブログリ…
  10. シンプルライフを取り戻す1週間がはじまります!さらばGWよ!…

ファッション断捨離の特集

ファッション断捨離 カテゴリー
40代からの洋服を選ぶ&捨てる

ファッション断捨離

インスタグラム更新してます

アーカイブ

コメントへのお返事

試験的にまたコメント欄をオープンにしてみます。

恐れ入りますが、コメント欄にいただいた質問に対して直接のお返事は書き込まず、可能な限り記事内で答えてゆく形にさせていただきます。

どうぞご了承くださいませ。

  1. 健康・美容シンプルライフ

    億万長者の「鼻」は富を呼ぶかたち?美しき80代の女性を参考にした美容法で若返り
  2. 食べるシンプルライフ

    食材のまとめ買いをするなら、節約よりシンプルに鮮度にこだわってみる
  3. 健康・美容シンプルライフ

    シンプルライフも崩壊!洋服の試着で気をつけたい事とは!?新品ガウチョパンツ事件
  4. 言葉・意図のちから

    手に入れたいシンプルライフ、思ってるだけじゃ実現できないかも!?理想のライフを手…
  5. 食べるシンプルライフ

    ロシア人に習った野菜ボルシチ、シンプルライフの定番です
PAGE TOP