ミニマリスト選ぶ捨てる

紙モノ断捨離にあけくれて、豊かなミニマリストとして新年を迎えるたった一つの理由とは!?

『2017年は “はじまりの年”だよ』

尊敬している30代の方がそう教えてくれた。「はじまりの年を迎えるにあたって、できる限りのことを2016年中に片付けておいた方がいい」と。

ワタシにもきっちりと2016年中に片をつけておくべきことがある。それは「紙モノ断捨離」。

紙モノ以外のところは、現状では少ないモノすっきり暮らせていると満足しています。もちろん、ほおっておいたら日々モノが増えてしまうので定期的な見直しはしているけれど、それは日々のお掃除くらいな感じですぐに終わらせられること。

が、しかし。紙モノは違う。ワタシにとってのネックポイントだ。やってもやっても「まだまだだ!」って、思ってしまうポイントなんです。

先日、「すごく大切な資料を捨てたら、すぐに欲しかった仕事が舞い込んでくる」とある作家の方が言っておられた。

今月は、自分自身がこれまで「すごく大切な書類だから」と思い込んでいたものを、断捨離しようと決心した。

『2017年は “はじまりの年”だよ』と教えてもらったから。『大切な資料を捨てたら欲しいものが舞い込んでくる』と知ったから。

そう言われたからやる、という単純なことではない。

自分が常日頃からやらなきゃいけない事として頭の片隅にあった事柄を、後押ししてもらったということ。

これを「チャンス」と呼ばずになんと呼ぶのか!?聞いてすぐにつかむべき情報がやってきた、と思った。

『2017年は “はじまりの年”だよ』と教えてくれた人が、何を根拠にそう言ったのか?は不明です。

経営者の方だから、たぶん帝王学に乗っ取った時代の流れのことなんじゃないかな!?と想像しています。ですが、何が根拠かなどということは、ワタシにとってはまったく関係のないことなんです。

ワタシ自信の目標を達成させるために、少し背中を押すようなエネルギーが必要だったので、しっかり乗っからせていただいたのです。

紙モノ断捨離が、やってもやっても満足いかないということは、このエリアに関する『思考の断捨離』と『思考の片付け』と『思考の整理』ができていない、ということ。

モノの片付けという『物理』と、思考の片付けという目に見えないもの、その両方をスッキリさせて豊なミニマリストとして新年を迎えるべく、今日も作業をやっています。

みなさまは、どんな新年を迎えたいですか!?

このブログをお読みくださった方とは、「ご縁」があったということになりますね。

ワタシがご縁によってもたらされたチャンスに乗っかったように、ワタシとご縁のあった皆様も “はじまりの年” である2017年を迎えるにあたり、2016年中に片をつけたい事を片付けちゃいませんか!?ぜひご一緒に♪
 
 
ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

紙モノ断捨離にあけくれて豊かなミニマリストとして新年を迎えるたった一つの理由とは!?

関連記事

  1. ミニマリスト選ぶ捨てる

    イケアの収納バッグに季節外れの布団などを収納しようと思ってたミニマリストは…

    大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストをめざすセミアです。…

  2. ミニマリスト選ぶ捨てる

    コスメの試供品が引き出しにたまってしまうのは、意思の弱さのせいなのか?

    「あ、捨てるものがあるな」と、ふと思った時に、引き出しの中やクローゼッ…

  3. ミニマリスト選ぶ捨てる

    ミニマリストらしく、ピンク色に輝く“大好きなモノ”を断捨離しました

    大好きなお気に入りのモノを、断捨離しました。もしかしたら、とき…

  4. ミニマリスト選ぶ捨てる

    イケアの白い収納タンスの中を見直し、ハンカチを断捨離して掃除道具に=ところてん方式

    小さなIKEA収納タンスの中身を見直しました。断捨離したモノもあれば、…

  5. ミニマリスト選ぶ捨てる

    ムダの片付け、ミニマリストの紙モノ断捨離は仕事でイイ波を引き寄せる

    デスクの上を片付けて、スッキリさせました。書斎にあるモノを手放…

  6. ミニマリスト選ぶ捨てる

    卒業アルバム(卒アル)を“捨てのK点超え”で断捨離したのは、ゆるり家だけではなかった

    大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストをめざす、セミアです。…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • semia
    • 2016年 12月 11日

    @なおこ
    なおこさん、素敵なコメントをありがとうございました!

    使ってもいないし好きでもないのに「捨てられない」というのは、きっと『執着』という協力接着剤のような感情のせいなのでしょうね。

    私自身も紙モノの中には執着で手放せないものがあると、自分でも認識しています。でもでも、今年こそはがんばろうとおもいます!ごいっしょにスッキリとした新年を迎えましょうね♪

    そして来年は、さわやかな風が吹き抜けるような、豊かなエネルギーの循環を手にいれたいですね!

  1. わたしもセミアさんのこの記事に、大みそかに向けて特に紙の断捨離をと考えていた心にはずみをつけていただきました。今読んでいる本に、お金でも愛でも親切でも、エネルギーや豊かさはめぐりめぐって豊かになっていくものであって、出して使って返って来るものであり、ためてはよどんでしまうというようなことが書かれていたのですが、捨てられないというのも、そういうエネルギーの循環や動きを阻んでいるのだろうかと、セミアさんの記事を拝読して感じました。わたしも紙類の片づけ、頑張ります!

人気記事

スポンサードリンク

スポンサー

アンケートにお答えください

コメント&メッセージ

スポンサードリンク

最新記事

  1. 最後の引っ越しで理想の暮らしを手に入れる為に大切な3つのこと…
  2. 洋服をコーデしてくれるエアークローゼットを継続することにした…
  3. ライフスタイルを改善させて、老けた手肌の女を卒業する方法
  4. 紙モノ断捨離が終わり、書斎のデスクの上がミニマルに片付いたら…
  5. 洋服を選んでコーディネートして宅配で送ってくれるサービスはミ…
  6. 乾燥肌にも健康にも良いオイルはこれ!加湿器はクローゼットに収…
  7. 最近使っている基礎化粧品は、年齢肌に合わせてシン・ピュルテに…
  8. 本や書類や段ボールを片付けて健康に!紙モノの断捨離でアレルギ…
  9. 我が家のパントリーにある常備食材を紹介します!暮らしブログリ…
  10. シンプルライフを取り戻す1週間がはじまります!さらばGWよ!…

ファッション断捨離の特集

ファッション断捨離 カテゴリー
40代からの洋服を選ぶ&捨てる

ファッション断捨離

インスタグラム更新してます

アーカイブ

コメントへのお返事

試験的にまたコメント欄をオープンにしてみます。

恐れ入りますが、コメント欄にいただいた質問に対して直接のお返事は書き込まず、可能な限り記事内で答えてゆく形にさせていただきます。

どうぞご了承くださいませ。

  1. お気に入りのモノ

    洋服もお皿も猫も洗える天然の石けんがカムバック!経皮吸収しても安心です
  2. 住まい風水シンプルライフ

    これがゴミ屋敷!?大正時代の豪邸が孤独を乗り越えシンプルに美しくなっていた
  3. 旅・ホテル・外泊

    ミニマリスト反省会、旅のコーディネートで服の量を減らしすぎていないか!?
  4. 思考・シンプルな生き方

    ミニマルな快適生活は、嫌われる勇気から
  5. 老後・終活

    100歳くらいまでシンプルライフを送った先人達に学びたい
PAGE TOP