シンプルライフって?

シンプルの定義は......

最近よく、友人たちと『シンプル』ってなんだろう?
という話しになります。

お料理がシンプルってなんだろう?
暮らしがシンプルってどんなだろう?
自分はシンプルな人間ですからってどんな人?

とか。。。

おそらく現在、資本主義社会に生きている
多くの人が望んでいることは、
『シンプルになりたい!!!!』ってこと
じゃないかって、感じています。

いまは『情報』も、『物』も、溢れかえっています。
そして、我々はその海で溺れそうな苦しみを
感じることさえありますよね。

だから、そんな話題も多くなったりするのかな。

自分なりの『シンプル』の定義を、それぞれの人が
口にすると一様にちがうことを言います。

言葉の定義って、簡単じゃないかもしれないけれど、
この『シンプル』っていう言葉は、とくに難しい
のではないか!?と思っています。

だから、『シンプルライフ』の定義だって、
人それぞれ違うだろうし、なかなか定義付けが
むずかしいですよね!?

このブログのタイトルは『MYシンプリシティー』
ですが、定義が人それぞれちがうので「MY
をつけてみました。
ms_sofa_blkwhite
さてさて、このブログの筆者セミアにとっての
『シンプル』について、ちょっと書いてみます。

長女として生まれたセミアは、
責任感が強いといえば聞こえはいいけど、
よーするにお節介で、何にでも首をつっこみ
たがるたちです。

だから、やりたい事もいっぱいあるし、
やらなくてはならない事も山ほど抱えて
しまう困った性分。

でも、昔から体力だけには自信があって、
いっぱいの事を抱えていても「エイやっ」と、
やっれてしまえてました。

ところが、50代のゴールデンラインを超えたとたんに、
「こ、このままじゃダメだ!」
って、思っちゃったんですよね。。。。。

何かが違うんです。

この感覚って、20歳のシルバーラインを超えた
時に感じた気持ちと似ているのかな!?

30代、40代、ってなんだかまだまだ
若いつもりでいた様な気がします。
というよりも、年をとっていることに
気がついてなかった、あるいは
気づかないようにしていた、という気がします。

自分でも、あまりの鈍さに驚いております(笑。

でも、今気づいてよかったのかな。
もうごまかしは通用しなくなってしまいました。
人生後半戦は、まだ始まったばかり!?

これからは、
「本当に必要なものだけ」
「本当にやりたいことだけ」
を選別して、ソレ以外のものは削ぎ落として
ゆきますっ!(宣言)

人生前半のセミアは、欲張りだったから、
いっぱい欲しい!
いっぱいやりたい!
な状態だった。

だから、本当に欲しくないものをいっぱい持ち、
本当にやりたいことじゃない事で忙しくしていた。

これからは、日々「シンプルって、なんだろう?」
「本当に欲しいものはなに?」と、自問自答
しながら生活してゆきたいです。

それで、本当にやりたいことだけにぐーっと
フォーカスする。

それは、ものすごいパワーを生み出すのでは
ないかと想像しています。
パワーというのは、エネルギーが豊かなこと。

大好きなことがあっても、そこだけにフォーカス
することができなかった若かりし頃。。。

人生後半戦は、それと真逆でいくぞ!

プラチナライン超えは、80歳だと思ってます。
100歳はレインボーライン越えになるかな。

いずれにしても、未来がいつでも待ち遠しく、
楽しみな自分たちでいたいと思っています。

ヾ(❀╹◡╹)ノ゙