食べるシンプルライフ

  1. 半熟うずらの卵の黄身を真ん中にしてお正月を迎える

    うずらの卵をつかって、「黄身がど真ん中にある半熟のゆで卵」の作り方を教えていただきました。うずらの卵は大好きで、ときどき一人で一パック食べています。…

  2. 食材のまとめ買いをするなら、節約よりシンプルに鮮度にこだわってみる

    食材を買いに行く頻度は、どのくらいですか!?自宅のすぐそばにお店がある場合は、毎日買いに行くこともできて、鮮度が良いものを食べることができますね。…

  3. 骨スープは、腸のなかを整えてくれる養生食(骨を煮だしたスープストック)

    世界中の家庭で食されてきたボーン・ブロス(骨を煮だしたスープ)を作りました。体を癒すための “薬膳” のような役割をはたすんだよ、と先日おしえていただいたばかり…

  4. 70年代の台所お片づけと料理の話しなのに新鮮!桐島洋子さん昭和ベストセラー復刻本…

    1937年生まれの桐島洋子さんが、40年ほど前に書いたベストセラー本『聡明な女は料理がうまい』を読みました。この本は長らく絶版になっていたのだけど、20…

  5. 木製ふた付きガラス容器にいろんな塩を入れてます〜キッチンの断捨離と塩のはなし

    トップの写真で、キッチンに並んでいるのは『塩』です。常に、4〜5種類ほどの塩を揃えてあって、その時の気分や料理の種類によって使い分けています。お…

  6. イギリスで出された味噌スープ、意外にもメタボ改善や脂肪燃焼によい食べ合わせだった…

    先月、ロンドンで食べたお食事の中で気になっていた「みそ汁」を再現してみました。そしてたまたま、このレシピの組み合わせがメタボの脂肪改善のための食材組み合…

  7. お嬢さんに伝えたいニセ醤油とホンモノ醤油の違いとは!?文化遺産「和食」のかなめ

    本日は、お醤油談議!?若いお嬢さんとの会話でちょっと気になったことがあったものですから、記事にしてみました。まずは、我が家で大切にいただいている美味しい…

  8. シンプルライフお一人さまの昼ごはん、すぐできて簡単!シンプル!

    平日の昼間はひとりでご飯を食べる事が多いです。仕事に掃除にもろもろ雑事、1日はあっと言う間に終わってしまいますから、ササっと簡単に作れて、ササっと食べら…

  9. 残留農薬や雑菌の落とし方、野菜や果物を洗う3つの方法とは!?

    我が家で果物や野菜を洗うときのこと、お話しさせてください。最近は、野菜や果物にいろいろとよけいなものが付着しているので、3つの方法で残留農薬その他を洗い…

  10. ウィリアムズ・ソノマ大皿(画像アリ)に巨大アスパラ!美味しいものだけ食べるシンプ…

    今日は、食材にまつわる中年事情のお話と、久しぶりに登場させたハーブ模様の大皿をご紹介させてください。日曜日の夕食は、スーパーでその週の分の食材を調達する…

  11. 丁寧な暮らしをする鎌倉の憧れの女性91歳に、喝をいれられたミニマリスト

    人生の後半戦は、丁寧に生きていこう。そう決めました。丁寧に生きてゆけるようにモノを最小限に減らして、暮らしのシンプル化(シンプルライフ)をすすめ…

  12. 春のお裾分けで幸せシンプルライフ旬をいただく奮闘記

    大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストをめざすセミアです。昨日、採れたてのタケノコをいただきました。下処理してから、豚肉とゆで卵と菜…

人気記事

スポンサードリンク

スポンサー

アンケートにお答えください

コメント&メッセージ

過去記事はこちらからどうぞ

スポンサードリンク

ファッション断捨離の特集

ファッション断捨離 カテゴリー
40代からの洋服を選ぶ&捨てる

ファッション断捨離

インスタグラム更新してます

アーカイブ

  1. 色とシンプルライフ

    断捨離しなくてもいい、スッキリ感のあるシンプルライフを手に入れる方法
  2. ミニマリストの紹介

    こんまりメソッドの動画、アメリカ人に超ウケているお片づけ方法を近藤麻理恵さんがセ…
  3. ファッション断捨離

    この夏、買ってよかったファッションアイテムNo.1が決定しました!
  4. 老後・終活

    ミニマリストも驚愕!スゴいものを断捨離した80代の新しいシンプルライフとは!?
  5. MYシンプリシティー

    禅の心へといざなわれるミニマリスト部屋を、男の子部屋にイメチェン
PAGE TOP