ミニマリストの断捨離

ミニマリストにあるまじき出来事!?梱包材は捨ててはいけないね。

写真は、耐熱ガラスでできた、ドイツ製の電気ケトルです。

まだ届いたばかり!

キッチンに置きっぱなしでも素敵に見えるものをネットで探していて、見つけました。

透明なガラスだから、当たり前なんだけどお湯が湧く様子がよく見えるのです!

お湯の中にポコポコと水玉がいっぱい沸き上がってくる。

なかなか普段、お湯を湧かすところなどは見れないから、見ていると綺麗だし面白いわ〜。

と、、、

できるだけポジティブな気持ちで眺めているんですが、これ、もしかしたら使えなかもしれない!?っていう、一抹の不安が…… (>o<)

ms_glass.wamer_2
実は、フタをあけると化学薬品のような、キツい匂いがするんですよね。

洗剤でよく洗ってみたり、もう10回以上お水を取り替えながら沸騰させてみてるんだけど、まったくヘンな匂いはとれませぬ。(;_;)

そこで、重曹を入れてしばらく置いてみました。=>×かわらなかった。

今度は、酸素系漂白剤を入れてしばらく待ってみた。=>×かわらなかった。

いろいろと試行錯誤しているんですが、ダメですねぇ。。

ピッケも「こりゃ、返品だな」って言ってたんだけど、なんと!商品が入っていた箱をすぐ捨てちゃってたんです。

箱だけじゃなく、発泡スチロールもとっくに捨てちゃってる。

返品はできそうもありません。。。

こういう化学薬品のような匂いがする時って、たまにあるけど、何度か洗っているうちに匂いが無くなることが多かった。

この透明ケトルの匂いは、ちょっと酷いかも。(我慢して使えるようなレベルじゃない)

ガラスと金属の接合部に使っている接着剤の匂いかな〜、という感じです。

モノを無駄に増やしてしまったら

万が一、このまま匂いがとれなかったら!?考えただけで恐ろしーです。

だって、粗大ゴミ行きでしょう!?

電気式のケトルなんて、他に使い道が無いし!

「本当にやりたいこと」だけを選別し、それ以外はすべて排除してゆく、ミニマリストのセミアですから、もしこの新品のケトルがこのまま臭いがとれなかった場合のことを想像すると、悔しすぎて呼吸困難になりそうです!

これを探して注文したり梱包をあけたりした時間。何度も洗ったり水を取り替えて沸騰させたりした時間。もったいなかった〜。

「使えない(使わない)」モノと、お金を交換してしまったことも、悔やまれる〜。

初期不良などのケースもあるかもだし、モノを買ったら、数日間は梱包材をとっておくべきですね。

深く反省しております。。。。

ところで、もしもこのように “強力な薬品みたいな匂い” をなくす方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいませ。

m(。。)m

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ミニマリストの断捨離

    リネン類の見直しでミニマルに!今の暮らしに合ったお気に入りの残したモノ

    予定外にリネン類の見直し&断捨離をしました。古民家で使っていたモノ…

  2. ミニマリストの断捨離

    ミニマリスト家の意外な落とし穴、セット商品に気をつけろ!キッチン断捨離ちゅう

    大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストをめざすセミアです。…

  3. ミニマリストの断捨離

    ミニマリスト危うし!断捨離が終わったのにモノが増えている理由とは…

    つい先日「モノが少しづつ増えている傾向にある」ということを書いたばかり…

  4. ミニマリストの断捨離

    すっきり感がほしい時、苦手な片付け分野の解決法を発見!

    大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストをめざすセミアです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

スポンサードリンク

スポンサー

アンケートにお答えください

コメント&メッセージ

過去記事はこちらからどうぞ

スポンサードリンク

ファッション断捨離の特集

ファッション断捨離 カテゴリー
40代からの洋服を選ぶ&捨てる

ファッション断捨離

インスタグラム更新してます

アーカイブ

  1. キッチン・台所をシンプルに

    水筒や麦茶ボトルは、シンプルな構造で清潔を保てるモノが一番なワケ
  2. 片付け・収納

    小さな食料倉庫パントリーは、主婦にとってのときめきスペース
  3. 本・紙・写真の片付け

    持たない暮らし、結局は箱の中を見ずに箱ごと断捨離!を決めたのは誰?
  4. 食べるシンプルライフ

    シンプルな朝ご飯、ベトナムのお母さんがつくる生春巻き
  5. 食べるシンプルライフ

    丁寧な暮らしをしている、鎌倉の憧れの女性
PAGE TOP