健康・美容シンプルライフ

メークレッスンで昭和感ただようお化粧から卒業!地味にスゴいメークはここが違う!

メークを習ってきました。

今日は、そのいきさつについてシェアさせてください。エイジング女子の皆様の中にもセミアと同じ穴のムジナ的になっている方が、もしかしたらいらっしゃるかもしれない(!?)。

春頃あったできごとなんですが。。。

「ん〜、ちょっとマダム感でてるよね」と、お洒落に敏感なスタイリストさんからご指摘を受けましたのです。私のメークに関してです。
 
(過去記事)
マダム感の定義についてはこちら↓をご覧ください。
▶︎ファッション断捨離の用語がわかりにくい!マダム感ってなに!?

お洒落なアノ人のひとことがきっかけになって、メークレッスンに参加。教えてくださったのは、雑誌などメディアの撮影でメークを担当している女性でした。

「さすがプロのメークさんだ!」と、感激したほど沢山の化粧品やメーク道具でいっぱいでした。
ms_makeup500_2
 
にほんブログ村テーマ キレイの裏技~40代を素敵に過ごす方法 へ
キレイの裏技~40代を素敵に過ごす方法
 

メークするとどうしても昭和感が出てしまう件

『気ままにMYシンプリシティー』をいつもご覧くださっている方なら、お気づきかもしれません。

以前の記事で「化粧品を買う場合は売り場のお姉さんの言いなりになる」というポリシーをもっている、とお話しました。

なぜならば、若い頃には持っていたメークやコスメに対する情熱を失っているから。このような状態だと、もちろんメークの流行について気にもしないし雑誌で研究したりもしません。

なので、昭和的な感覚で自己流に選ぶよりも、コスメティック売り場のお姉さんのアドバイスに従った方がいいと思って、お任せしてきたんです。

「え?それなのに、なぜマダム感があるメークになってるの?」って疑問が沸きますよね!?

はい、そうなんです(汗)。

たとえ、世界的に若者に人気のコスメを使っていても、昭和なオンナがメークすると仕上がりは「昭和顔」になっちゃうんです!!

これって、ある意味スゴくないですか!?

過去に、メークに対して興味があった時代にやってたとおりにコスメを使ってしまうんですよね。潜在意識に昔のやり方がこびり付いてるのだ。あぁ、なんと恐ろしいことか〜!!
 
(過去記事)
売り場のお姉さんに選んでもらった化粧品の話しです。
▶︎できるだけミニマムかつシンプルにしたい、50歳からのコスメティック
 
ms_makeup500
 

今のメークってぜんぜん違うんだ

今、主流のメークアップって「地味にスゴい」って感じなんですね。

昭和のメークは「頑張ってる感」が満載な雰囲気でしたよ。

でも、今は素顔に近い感じの仕上がり。とっても丁寧にベースを仕上げるんですね。そんなことは若い方にとっては当たり前のことだと思います。でも、生まれてはじめてメークを習った昭和な50’sにとっては、驚きの連続でした。

ものすごく丁寧にベースをつくっていくため、シミもシワも目立たなくなるのはイイですね。

それから驚いたのが、チークを入れるポイントが昔とぜんぜん違う(@@)

「え?そんな場所に!?」って(昭和な人が思うような)場所に、練り状のチークをスタンプみたいにおいて、それを指先でポンポンしながらすこし広げていく。

その後からふんわり淡いピンクも、大きなブラシで広い範囲に重ねました。
ms_makeup_cheek
後日ドラマを見ていたら、女優の石原さとみさんがそのポイントに同じような感じでチークを入れていて「あ〜、やっぱりここに入れるのね♪」と納得。

石原さとみさんのお顔は以前から見ているはずなのに、まったく気づかなかった。メークに情熱がないから見落とすというか、気づく事すらできなかったんですよね。

でも、コスメ大好きな若い世代の人が同じように石原ひとみさんを見たら「あ、あんなふうにチーク入れたらかわいいね」とすぐに気づき、お手本にして新しいメークを覚えたりとかできるのでしょうね。
 
にほんブログ村テーマ 40代からのファッションへ
40代からのファッション
 

目から鱗が落ちると視野が広がる

あとは、眉毛の形もだいぶ変わってきていますね。

15年ほど前にNYで眉を整えてもらって、それ以来おなじかたちの眉毛のままだったことに気づきました(汗)。

今は、どちらかというと昭和のバブル期ほどではないにしろ、太めのアイブローに仕上げるんですね。(昭和の眉毛はもっと太くて四角っぽかった)笑

アイシャドーも、以前まではカラー診断をしてもらった時に「この色が似合いますよ」とアドバイスされた色群の中からえらんでアイメークアップしていました。

今のアイメークアップは、肌になじむようなニュートラルカラーが主流みたいですね。「つけてます感」がなくて、ナチュラルに見えるメークです。

メークを習った後で周りを見渡してみると、いま主流なメークの雰囲気がわかります。だけど教わる前はまったく見えてなかった。

世の中きっと、そういうことっていっぱいあるんだろうな。こういう盲点。目の前にあるのに見えないこと……

たとえ若者に人気のブランド化粧品を使っても、マダム風メークになっていたワタクシでしたが、メークレッスンで昭和感ただようお化粧から卒業しました!

レッスンで教わったことをしっかりメモしましたので、ときおり見返しながら、また元の昭和風に戻らないように自分のものにしていこうと思います!
 
 
ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 健康・美容シンプルライフ

    お馴染みのスパイス、ミニマリストが喜ぶシンプルな健康法です!

    スパイスは人間にとって健康に良いもの。今日はスパイスの効果についてお話…

  2. 健康・美容シンプルライフ

    ミニマリストがおすすめしないメスを入れる整形手術3選!その理由を説明します

    今日は、ワタシが個人的におすすめしない身体にメスを入れる整形手術3選に…

  3. 健康・美容シンプルライフ

    目がよくなってきましたよ、究極のミニマリズムは健康UPです

    最近、目がよく見えるようになってきました。昨年くらいまでは、ネ…

  4. 健康・美容シンプルライフ

    鎌倉シンプルライフのダメダメなこと1つ。体のシンプリシティーにも関わることです。

    山と海がある鎌倉は、自然を感じられる生活を満喫しつつ、都会で仕事ができ…

  5. 健康・美容シンプルライフ

    体のほとんどは水!ミニマリストでも決して節約してはいけない水に関する話

    ご自宅の水道水に含まれるカルキ(塩素)の量を検査したことって、あります…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

1日1回1クリックLoveお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

人気記事

スポンサードリンク

セミアのFacebookです



心地よさを大切にミニマリスト道をあゆむ
昭和生まれのDINKS。
暮らし・思考・環境・美・健康・などの
シンプル化をテーマに綴ってます。

もっと詳しいプロフィールはこちら

スポンサー

アンケートにお答えください

アーカイブ

お問い合わせ

ご質問やご感想をお待ちしてます♪
〜お気軽にメールしてください〜

ms_bn_mail200

過去記事はこちらからどうぞ

スポンサードリンク

ファッション断捨離の特集

ファッション断捨離 カテゴリー
40代からの洋服を選ぶ&捨てる

ファッション断捨離

インスタグラム更新してます

  1. ファッション断捨離

    70代が着るトレンチコート、美しいラズベリーピンク色をどうコーディネートする!?…
  2. 旅・ホテル・外泊

    どこへ行っても人はシンプルに優しい、大阪のおばちゃんになりたくなったミニマリスト…
  3. お気に入りのモノ

    ラベンダーたった一つの注意点!持たない暮らしのお気に入り花瓶にそえて……
  4. ミニマリストの紹介

    持たない暮らしインタビュー2、高台のマンションでスッキリ暮らす共働きミニマリスト…
  5. ミニマリストの断捨離

    卒業アルバム(卒アル)を“捨てのK点超え”で断捨離したのは、ゆるり家だけではなか…
PAGE TOP