ファッション断捨離

オシャレな人も節約したい人も満足!スタイリスト推奨のゴムベルトが愛される理由とは!?

プロのスタイリストさんからお勧めされた、びっくりなファッションアイテムについてお話させてください。

最後の方で「なぜお洒落なスタイリストさんがこのアイテムを勧めているのか?」その理由についてご紹介します!

先日の記事をお読みくださった方々から、「私も今年中に片付けがんばってスッキリ2017年をむかえます!」というメッセージをいただきました。共感してくださって嬉しいです♪ありがとうございます。
 
(この記事↓です)
▶︎紙モノ断捨離にあけくれて、豊かなミニマリストとして新年を迎えるたった一つの理由とは!?

先の記事にように紙モノ断捨離に奮闘しているワタクシですが、『洋服』のカテゴリーは自分が満足いくぐらいに減らせました。現在持っているベルトはたった一本です。そのベルトをご紹介しますね。
 

老若男女ゴムベルトが欠かせないワケ

そのたった一本のベルトとは、スタイリストさん推奨の『ゴムベルト(30mm幅)』。お子様がいるご家庭でしたら、このベルトをお使いになったことがあるかもしれません。

ゴムベルトの最大の特徴は『バックルが無い』こと。だから、お手洗いに行ったときにもパンツの着脱がとても楽にできます。
ms_gomubelt_2
上の写真↑のように、ゴム製のベルトの先にボタンがついています。このボタンをパンツの前側についているベルト通しにパチッと固定します。

(試したことはないのですが、こういった特徴から横ファスナーのパンツにはおそらく使えないのではないかと思います)

パチッとボタンをとめたところが下の写真↓です。
ms_gomubelt_3
ベルトの長さは、ゴムの部分でとても簡単に調節できます。

ジーンズからスラックスまで、ベルト通しがついてるパンツならばゴムベルトが使えますので、それらが全部ゴムパンになっちゃうってことですね。

最近ワタシは筋トレを再開したので、全てのパンツがゆるくなってきています。でも、この『ゴムベルト』が大活躍してくれているので、ありがたいことに持っているパンツが今までどおりに着れています。
 
にほんブログ村テーマ 40代からのファッションへ
40代からのファッション
 

ファッション・コーディネート的には

ベルトを見せるコーディネートのときは、当然のことながらゴムベルトは使えません(笑。

ジーンズに、Tシャツや薄手のセーターをさっと羽織っただけのシンプルなコーディネートの時、ベルトのバックルがボコッと見えてしまい、邪魔に感じることもあります。

そんなときはゴムベルトの出番!前ボタンのあたりがすっきりしますので、バッチリきまります。

ジーンズに装着したら、こんな↓感じになります。私はネイビー色を選びました。ジーンズだと溶け込んで違和感がありません。

ただ、ゴムベルトはベルトを見せないコーデの時に使うモノなので、別にカラーとかなんとかは関係ないですけれどね。
ms_gomubelt_1
 
(関連記事)
洋服を減らせないのは、洋服に対する心的態度のせいかも!?
▶︎洋服を減らせないなら、自己分析してみてほしい4つのこと
 

お洒落コーデにもGOOD、お財布にもやさしい

お値段が、なんと送料込みで860円!?(@@)

なんなら、パンツ一本につき『ゴムベルト』1本づつあってもいいくらいリーズナブルなお値段!オシャレな人節約したい人も満足できる、ファッションアイテムですね。

パンツの着脱が簡単になるということと、コーデの見た目に響かないということ、それから『軽量』なこと、これらの特徴をもっているこのベルトはお子様やお年寄りにも最適だと思います。

 

なぜスタイリストさんが勧めているのか?

こんなに安くて、こんなにショボイ。(^^;;

それなのに、なぜスタイリストさんが推奨しているの!?と疑問に思ったかたもいらっしゃるかもしれません。

その理由は。。。

『腰やお尻のサイズ感で買う洋服を決定しないようにするため』

パンツのサイズは、ピッタリサイズを選べば良いというものでもありません。その人の体型にもよるし、どんな着こなしにしたいか?によっても、選ぶサイズが変わってきますよね。

ワタシの場合ですと、ふくらはぎが太い(特に3時以降になる)のですが、お尻と腰でピッタリのサイズだと、ふくらはぎがパッツパツに見えてしまうデザインのものもあるのです。

パツンパツンに見える着こなしは、見栄えがよくありません。なので、ふくらはぎがくっきり見えないようなサイズのパンツを選びます。

そうすると今度はウエストがブカブカになってしまうのです。

そんなときにもこの『ゴムベルト』があれば、すっきり着こなすことができます。

もちろん、やせ形の方がブカブカっぽく着こなしたいときにも役立ちます。

こんな感じて、スタイリストさんが洋服をコーディネートするときには全体のデザインが素敵に見えるサイズを選ぶために、ゴムベルトを利用するのだと教えてくれました。

ワタシは彼女に教えてもらって、はじめてゴムベルトの存在を知りました。洋服のデザインを活かすため大切な役割を担っているというこのベルト。とっても便利で楽ちんです。これを発案した方に感謝したい気持でいっぱいです♪
 
 
ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ファッション断捨離

    ファッション断捨離2 コーディネートに使える残す洋服は、ほんの少しだけだった

    今日は、昨日に引き続き「ファッション断捨離」その②、です。洋服は、これ…

  2. ファッション断捨離

    ファッション断捨離8:ミニマリストは靴を何足持ちたいのか!?

    こんにちは!(⌒‐⌒)自分にとって必要なことを一瞬で見極める心豊かなミ…

  3. ファッション断捨離

    COS(コス)の黒いスニーカーを断捨離…ではなく再利用することに!

    トップの写真のCOSの黒いスニーカー調の靴は、昨年NYに甥っ子2号と一…

  4. ファッション断捨離

    40代からの夏のバッグ、見つかりました♪コーディネートしやすい生成り色

    少し前の記事で、夏用のバッグが擦り切れてボロボロになったというお話を書…

  5. ファッション断捨離

    カプセルワードロープが決まったのに洋服を衝動買い!ミニマリストの失態

    今年の10月は夏の続きみたいな暖かな日が多かったです。でも、一…

  6. ファッション断捨離

    ファッション断捨離1 はじまりました!全ての物をリビングに並べスタート

    いよいよ、『ファッション断捨離』のスタートです!まずは、全ての…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事

スポンサードリンク

スポンサー

アンケートにお答えください

コメント&メッセージ

過去記事はこちらからどうぞ

スポンサードリンク

ファッション断捨離の特集

ファッション断捨離 カテゴリー
40代からの洋服を選ぶ&捨てる

ファッション断捨離

インスタグラム更新してます

アーカイブ

  1. ミニマリストの断捨離

    紙モノ断捨離にあけくれて、豊かなミニマリストとして新年を迎えるたった一つの理由と…
  2. ミニマリストの断捨離

    燃えないゴミの日、シンプルライフ的には少な過ぎるんです
  3. ミニマリストの紹介

    マツコさん有吉さん、ミニマリストについて語る
  4. ミニマリストの断捨離

    IKEA(イケア)のチェアーをはじめ色々なモノを断捨離、ミニマリストでは無くなる…
  5. 家・建物・環境

    自給自足ミニマリストの“美しく食べられる庭”に、ブルーベリーの木を植えました
PAGE TOP