賃貸・新築・住む場所

シンプルライフの家を建てる3:ミニマリストにとっては萌える儀式、古きは去り新たにはじめる

土地を探すとき、もともと業者さんによる宅地開発がされていることもよくあります。

すでに宅地化されているのなら、そのまま家の建築へと着工できるので楽ですね。

でも、我が家のケースのように古い家がまだある場合は解体工事から頼まなくてはならないので一手間増えます。

さらに、そこには土地の売り主さんもまだ住んでいたので、なおさら大変でした。

多くのの場合は、大変なんてことはないと思いますが、このお婆さんが特別に大変だったのです。

それは、ほとんどの大きな荷物を置いたまま出ていったから。

これは、あり得ないことです。

今は、粗大ゴミは各人で有料で捨てる時代。

置いて出て行ったら、誰がそのゴミ処分代を支払うのでしょうか!?

置いていったものは、結局トラック3回分以上にのぼりました。

ピアノ、ベッド2つ、ソファーセット、ダイニングと椅子、沢山の百科事典、食器キャビネット、洋服ダンス、などなど、ほとんど丸ごと全部でした。

後から、たまたまそのお婆さんの引っ越しを担当した業者さんと話す機会があったのですが、「本当にこんなことをしていいのだろうか!?」と、すごく心配で、この仕事(引っ越し)を断ろうかどうしようか、すごく悩んだと言っていました。なぜならば、こんなことをするのは犯罪に近いことだからです。

結局、うちサイドの不動産屋のNさんが「私の確認が甘かったから…」とおっしゃって、そのおばあさんの荷物処分代を払ってくれました。

私はそれでは腑に落ちなかったのですが、Nさんがおばあさん側の不動産屋さんからお仕事を3件引き受けたということで、そこで利益が出るので、マイナス分も総裁できるから大丈夫ですよとおっしゃってくださり、無事に事が収まりました。

こんなふうに、古家があるとタイヘンなこともあります。

古家があってそこに住人が住んでいる場合は、荷物の全撤去を必ずすることを約束してもらった方がいいと思います。

うちの場合は、ハウスメーカーさんも不動産屋さんも、何度もおばあさんと相手の不動産屋に確認して、その度に「はいわかってますよ」と答えをもらっていたので、悪質なケースでした。

なので、例えば「荷物が残っていた場合は処分代を後から請求します」という旨を約束した方が確実でしょう。

(過去記事)
集合住宅にもあるゴミ屋敷、たった一つの大切なモノさえ見つからなかったのに、突然ミニマリストになった人のゆく末はいかに!?

 

解体は一日でほぼ完了

ms_build_kaitai_7

トラコミュ
住まいに関する事

まずは解体工事からスタートです。

業者さんは、古家だけでなくうっそうとしてしまったブッシュもきれいにしてゆきました。

あ、スズメバチの巣がある枯れ木以外です(汗。

ただ単に家を解体するだけでなく、上記したようにお婆さんの荷物も運び出したために、そうとう大変な作業となりました。

sg_suichoku_before_3

トラコミュ
スッキリさせた場所・もの

木を伐採する前に、健康な樹木は植木屋さんに差し上げようということになり、見に来てもらいました。

が、健康な樹木がなく全て枯れかかっているものばかりだったので、一本も持って帰ってはもらえませんでした。

庭の部分には、物置小屋があり、サーフィンの板やバーベキューセットなどが散乱していました。

sg_suichoku_before_2
あのブッシュを伐採してみると、こんなものが現れました!!

木が生い茂った山肌に見えていたところは天然ブッシュではなく、石積みの土留めがしてあったことが発覚。

ここは、今ではギンバイカ、イテア・イリキフォリア、リリーピリー、などの木々が植わっていて、春には白くて可愛らしい花を咲かせてくれるようになっています。

とはいえ、ここはこの斜面のさらに上の方に住んでいる方の所有地にあたります。でも、セミア家の敷地内に見えるのです。

持ち主さんの了解を経て、木を切ったり、花を植えたりさせてもらっています。

中には「うちの土地なんだから勝手に木をきるな」とか、「植えるなら使用料払え」とか、そういうことを言う人もいるそうです。植木屋さんから聞きました。我が家は快くお許しをいただけてラッキーです。
 

ちょっと変更します

現在、セミアはオーストリア・ウィーンに出張中です♪

出張中は10日間すべて予約投稿をしておくつもりだったのですが、実は、予約投稿の分の写真を入れたUSBチップを自宅に置いてきてしまいました!

なので、お知らせしていたように、10日間連続で「新築を建てる」のシリーズを投稿できなくなってしまいました。とほほ。

代わりに合間に現地からおおくりする記事を発信させていただきますね。

よろしければまた見にきてくださいね♡

 
ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 賃貸・新築・住む場所

    光熱費がミニマルで暖かい暮らし、“温どる”のあるシンプルライフのすすめ

    こんにちは!(⌒‐⌒)大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストを…

  2. 賃貸・新築・住む場所

    住まい探しの前に、ほしい条件リストを作ると希望どおりの物件に出会える

    実家をでたあと、10回以上は引越しを経験しました。なにごとも場…

  3. 賃貸・新築・住む場所

    シンプルライフの家を建てる2:七年間におよぶ土地探しでやっと出逢った場所

    トップの画像、暗くてわかりにくいかもしれないのですが、このときの状況を…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事

スポンサードリンク

スポンサー

アンケートにお答えください

コメント&メッセージ

過去記事はこちらからどうぞ

スポンサードリンク

ファッション断捨離の特集

ファッション断捨離 カテゴリー
40代からの洋服を選ぶ&捨てる

ファッション断捨離

インスタグラム更新してます

アーカイブ

  1. 住まい風水シンプルライフ

    ミニマリストと汚部屋は同じ線上の極と極。ゴミ屋敷法令が変わり強制撤去が可能に!?…
  2. 住まい風水シンプルライフ

    美観ミニマリストは家電を見せない収納で!いつも片付いた状態を保つ秘訣とは!?
  3. ファッション断捨離

    似合う色が着たいですか?、それともオシャレな人になりたいですか?:パーソナルカラ…
  4. 本・紙・写真の片付け

    丁寧な暮らしのマキシマリスト直木賞作家の書斎は、収納に愛がある!
  5. 食べるシンプルライフ

    ミニマリストの朝は、エクササイズと沢山のフルーツからスタートする
PAGE TOP