ファッション断捨離

ファッション断捨離3 古い洋服でも古めかしく見えないもの3点の画像あり、20年前のコートがオシャレに蘇った日

今日は、ファッション断捨離の行程でさよならする「古めかしい洋服」と、「古い洋服」との違いについてのお話しをさせてください。

そして、洋服を選び抜いて残ったモノの中で、とても古いお洋服を3つご紹介します。

ブログを読んでくださった30代のステキな女性が、先日のファッション断捨離の記事を見てこんな優しい言葉をかけてくださいました。

「リボンのお洋服バザーに出さないで!フューシャ色のリボンがついたワンピース着てるところ大好き!似合う!」

確かにあのワンピースは、私も気に入っていたものだし色も似合うカラーでした。見ていてくださってたなんて、嬉しい♡

(シリーズ記事)
ファッション断捨離②コーディネートに使える残す洋服は、ほんの少しだけだった

 

「めかしい」という意味

今週からはじめた『ファッション断捨離』では、「本当に似合う洋服」や「なりたいイメージに合致した洋服」だけ残すこと、そして「古めかしい洋服」はときめきであっても断捨離対象になるところがポイントです。

「古めかしい洋服」は、50代にとって上手く着こなすのは至難のワザ(@@)。よけい老けて見えてしまうから。

「めかしい」という意味ですが、辞書によると「…のようにみえる」という意味になります。

なので、実際に古い洋服であっても「めかしくない」場合は、「古めかしい洋服」ではない、と見なします。

逆に、買ったのが2年前くらいであっても超めかしい服だってあるわけです。

文章だけで読むと、なんだか洋服をいっぱい捨ててるだけの感じもするのですが、実はその真逆のことも起こっています!

ワタシの感覚だけで判断したら、もしかしたら断捨離していたかもしれない古い洋服が、プロのアドバイザーの方が見ると「これイイ!」ってなることがあります。

めかしくない「古い洋服」たちです。

今回、わたしでさえ驚いた残された古い洋服3点をご紹介します。

(シリーズ記事)
ファッション断捨離①はじまりました!全ての物をリビングに並べスタート

 

アドバイザーがイイと感嘆した古い洋服ナンバー3

ms_fashiondanshari_kumiawase
このムラサキ系の柄の楽ちんチュニックは、楽な服が着たいときに重宝していました。

でもとても古いです。

だから断捨離だろうな〜と思っていたのですが、「コレはすごくイイ」と言ってもらい残すことに。

一緒に合わせているグレーのロングカーディガンも、同じくらいの古さです。

ウールですが薄めで、袖は身体にフィットするデザイン。

このチュニックとの組み合わせで着たことは今までになかったので、新鮮です。

ポイントは、チュニックの中に黒いシンプルなタンクトップを合わせているところ。

そして「濃紺の天然石ネックレスを合わせたらいいよ」、と手持ちの古いアクセサリーと組み合わせてくれたのが、上の写真↑です。

このラピスラズリのネックレスも超古い!インド製のもの。

めちゃ安かったアクセサリーですが、なぜか長年の間お気に入りなのです。

こんなに古いモノ達が、組み合わせを変えることによってオシャレに蘇ってきて、新鮮な喜びを感じました♪

(過去記事)
大モノを次々に断捨離しているミニマリストなのに、アノ家電だけは2つ持ってる!?その理由はアフリカにあった!

 

アドバイザーがイイと感嘆した古い洋服ナンバー2

ms_paulsmith
先日の記事に書いたように、今回はマダム感の出やすい花柄やリボンの服は断捨離対象になっています。

けれども、この上の写真↑のチュニックはアドバイザーさんがいたく褒めてくれた花柄モノ。

着てないのでわかりにくいのですが、着ると腰から下が身体にフィットした形です。

袖まわりがゆったりしたノルマンスリーブで、肘のあたりからまた身体にフィットしています。

この柄の中に使われてる色は、私に似合うカラーばかり。

でも、残した理由はそれではないそうです。

襟のあきぐあいや全体的なデザインなどがいいとのこと。

私はただ単に、好きなカラーで楽ちんだから残してあったので、なんだか得した気分になってしまいました♪

(シリーズ記事)
ふたたび洋服の見直し&断捨離を決意!ファッションをさらにミニマイズ化したい

 

アドバイザーがイイと感嘆した古い洋服ナンバー1

ms_hermes2
このチャコールグレーのコート。実は、20年弱ほど前に買ったもの。いや、正しく言うと買ってもらったもの。

セミアのお気に入りの一つです。

それこそ私の感覚だと古いデザインだからな〜と思っていたので、何年間も着ていなかったのです。

けれども、めっちゃときめきのお洋服。

私のクローゼットの中で、唯一、着てなかったときめきの洋服です。

断捨離にならなかった理由の一つは、値段が45万円くらいだったからというのもあります。さすがバブル経済の余波が残っていた頃ですね!

自分で買ったものではないとはいえ、さすがにこれは断捨離するとしたら、オークションで売ろうと思っていました。

でも、ときめきに従って手放さなくてよかった!

雑誌やマスコミの仕事をしているプロのファッションアドバイザーの方が、「あ、これはイイ!」と言ってくれたのですから、喜びで舞い上がりそうでした。

「これは、今年の冬のコーディネートに加えられるアイテムだわ!いま流行の形だし。」ということでした。

それで、残った手持ちの洋服でちゃちゃっとコーディネートを作ってくれて、それを着てこのチャコールグレーの古いコートを羽織ってみました。

あら、素敵 (*´`*)

買った当時に着ていたとき、こんな素敵に着こなせていたかしら!?と思ってしまうくらい、新鮮な雰囲気になりました。

本屋さんでファッション雑誌をぱらぱらめくってみると、ホントだ!この形のゆったりしたデザインのコートがけっこう載ってる!

お気に入りの古いものがよりパワーアップして蘇えるって、幸せです。

 

来週は足りないものを足す

『ファッション断捨離』は、似合う洋服なりたいイメージに合致した洋服だけ残す選別法を採用し、コーディネートできるものなど新たな洋服を加えるところまでが行程です。

来週はいよいよアドバイザーさんと買い物に行くのですが、久しぶりにワクワクしています。

ここ近年のセミアは、洋服を買うために出かけることがまったくありませんでした。

「たまたま通りかかったお店でイイのがあれば速攻でササっと買う」みたいな時短に重きを置いた買い物の仕方でした。

オヤジ化して当然だったといえるかもしれません。。。

これからは、年齢に見合ったオシャレにも注目してゆけたらいいなと思っています。

 
 
ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ファッション断捨離

    ファッション断捨離6 新しいデニムを購入。老けて見える時代遅れ要注意Gパン画像あり

    新しいデニムをGETしました!今日は、プロから教わった「おばさんが履い…

  2. ファッション断捨離

    タイツとストッキングの狭間でもう迷わないシンプルライフ

    大切なことを一瞬で見極める心豊かなミニマリストをめざすセミアです。…

  3. ファッション断捨離

    ミニマルに髪をまとめられる簡単ヘア・アレンジメント・グッズでオバさん感はクリア!

    以前、70代の母から「それはお風呂に入るときに使うものだから、外出の時…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

1日1回1クリックLoveお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

人気記事

スポンサードリンク

セミアのFacebookです



心地よさを大切にミニマリスト道をあゆむ
昭和生まれのDINKS。
暮らし・思考・環境・美・健康・などの
シンプル化をテーマに綴ってます。

もっと詳しいプロフィールはこちら

スポンサー

アンケートにお答えください

アーカイブ

お問い合わせ

ご質問やご感想をお待ちしてます♪
〜お気軽にメールしてください〜

ms_bn_mail200

過去記事はこちらからどうぞ

スポンサードリンク

ファッション断捨離の特集

ファッション断捨離 カテゴリー
40代からの洋服を選ぶ&捨てる

ファッション断捨離

インスタグラム更新してます

  1. お金とエネルギー

    お金は魔物、そう言い続けた結果こうなった
  2. 美しく食べられる庭

    自分らしいシンプルライフを。季節外れのミニトマトに学ぶ人の生教訓・レシピ・栄養素…
  3. ミニマリストの断捨離

    シンプルライフが大切、もう今年後半なのにスケジュール手帳を断捨離するワケとは!?…
  4. 健康・美容シンプルライフ

    ミニマリストがおすすめしないメスを入れる整形手術3選!その理由を説明します
  5. ミニマリストの紹介

    持たない暮らしの最先端か!?帰宅しても部屋着に着替えないミニマリスト民族
PAGE TOP