住まい選びのヒント

風水では豊かさのシンボル『天然の泉』、豊かなシンプルライフへと誘うスポット

風水では「が住んでいる」と例えられる、豊かさの象徴である天然の泉を久しぶりに見ました。

ご利益があるかも!?(*´∀`*)

ぜひ、写真を見ていってくださいね。

皆様がお住まいの地域では、天然の湧き水が注ぎ込み自然にできあがった『』がありますか!?

山間の地方では当たり前に見られるのだと思いますが、人が多く住まう地域にも昔はもっとあったのではないかと思います。

私の住む地域では、このような天然の泉が埋め立てられ宅地となり、最近ではめっきり見られなくなってきました。

そんな中、昨日の記事で紹介した1500坪の敷地の中に、「これぞ!」と思えるような泉を発見しました!

(昨日の記事)
これがゴミ屋敷!?大正時代の豪邸が孤独を乗り越えシンプルに美しくなっていた
ms_izumi_1

横に広い泉

実際には横に広く、変形型の泉ですので、写真で全貌を写すことができませんでした。

天然の湧き水が、左側(西)の穴から泉へと流れており、さらに機械で循環させていました。

下の写真は東側のはじにあたります。
ms_izumi_3
細かくみてゆくならば、この形はこうとか、湧き水の出る位置がどうとか、古来風水の法則がある様ですが、そのあたりのことは複雑すぎてわかりません。

自然の地の隆起(山)があって、上から注いだ恵みの雨が染み降りてきて、地表に流れ出るのが湧き水。

湧き水は静かに流れ続けるので、そこに水が溜まって泉となる。

(関連記事)
風水って、どーなのよ!?シンプルライフからの考察
ms_koga.i_izuzmi2
風水的に良いとされる場所は『』が流れているところです。

『水』の流れ、『風』の流れ、も氣の流れがあることと同じことですよね。

なので、天然の湧き水が注ぎ込む泉があり、水が循環しているのは動きもあってとても良いことではないでしょうか。

この地に住んできた歴代の人達が、みな繁栄長寿を全うしていたことを思えば、ここに良い気が流れていることは一目瞭然です。

(関連記事)
手に入れたいシンプルライフ、思ってるだけじゃ実現できないかも!?理想のライフを手に入れる方法
ms_izumi_2

隆起のある街に見られるもの

鎌倉など山がある関東の地域では、谷戸に家々が立ち並んでいる光景が見られます。小さな山が沢山あるからです。

山間に道をつくり、その道の両端に家が建っているのです。

【谷戸(や と)とは?】
丘陵地が浸食されて形成された谷状の地形のこと。 谷(や、やと)、谷津(やつ)、谷地(やち)、谷那(やな)などとも呼ばれ、主に日本の関東地方および東北地方の丘陵地で多く見られる。

小さな山々の裾野の方にみられる岩肌にぽっかり穴があいていることがあります。

これは、何のための穴でしょうか!?

この穴の正体は「やぐら」と呼ばれるものです。下の写真は小さなやぐらです。

1500坪の敷地内には、このような歴史を感じさせる風景も存在していました。
ms_izumi_4
「やぐら」とは、鎌倉時代の中期頃から室町時代の中頃にかけて岩窟寺院をヒントに作られた中世の横穴式墳墓のことをいいます。

上の写真↑では、やぐらに薪木が入れられています。

大昔は、お墓として使うために岩に掘られた穴でした。その後、墓として使わなくなり時代がかわると、その穴は「薪木の収納場所」として使われる様になった、ということです。

現在では、薪木を使うご家庭もあまりないですし、やぐらはただの『穴』になっているところが多いですね。

ここでは、訪れる人々の目を楽しませるために薪木を入れてあるのではないでしょうか。

(関連記事)
理想のシンプルライフを手に入れる方法(その2)

 

自然を守ることは、人間を守ることと同じ

神主さんのような?巫女さんのような?方がお話ししてくれたのですが、このような天然の湧き水からできている自然の泉は、絶対に埋め立ててはいけない!のだそうです。

「天然の泉を埋め立てると、龍が苦しむのですよ」と、お話ししてくれました。

龍というのは、比喩的なことであって、普通の言い方をすれば『自然』と言えるでしょう。

近年は天然の泉を埋め立て、その上を宅地にしてしまうということが横行しています。

「そのようなことをすれば、自然が息苦しさを感じてしまうから」と言われて、さほど違和感は感じないですね。

なんとなく、きっとそうなんだろうなと素直に受け止められるような気がします。

だから埋め立ててはいけないのですね。

埋め立てるよりも、せっかく良い氣場ができているのだから、それを庭の景観として利用するなど、自然と共存したお家にできればば最高ですよね。

今回、個人宅に存在していた天然の「龍の泉」を実際に見ることができて、ラッキーでした。実際に繁栄していた個人宅にあったものだから!

こちらの邸宅が、敷地を公に解放してくださったので、宅地内の天然の「龍の泉」や、実際に薪木が入った「やぐら」なども見ることができるようになりました。

大変ありがたいことですね。

フツーのお家でできることは!?

なかなかこのような湧き水でできた泉のある土地は市場に出ていません。

これを模倣することで、少し近づくことができるのではないでしょうか。

例えば、にメダカと水辺の植物を入れて、ちょうど良い場所に置く、などです。

玄関の周りや、その周辺に置くのもGOOD!

でも、その他のちょうど良い場所「なんとなくココかな」と、ビビビっと感じる所、などに置いてもOKです。

 
 
ブログランキングに参加中!下のボタンをクリックしていだけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
応援クリックいつもありがとうございます!ブログ更新の励みになっています♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 住まい選びのヒント

    隣家とのいざこざは、ドアの位置に問題があることも

    「本当にやりたいこと」だけを選別し、それ以外はすべて排除してゆく、…

  2. 住まい選びのヒント

    新居さがしNG集〜お嫁に行く時に絶対にやってはいけないシンプルライフの法則

    今夜は、新婚さんがゼッタイにやってはいけない「新居選び」について、お話…

  3. 住まい選びのヒント

    持たない暮らしを心がけ安全に暮らす3つのカギ、出来事から学ぶミニマリズム

    「ミニマリスト」という言葉は、昨年2015年の流行語大賞にノミネートさ…

  4. 住まい選びのヒント

    収入が上がる住まい選び

    引っ越し先の「家賃」についてのお問い合わせを時々いただくようになる季節…

  5. 住まい選びのヒント

    シンプルライフの住まい選び「音」、騒音は記憶力や味覚を変えるってホント!?

    住まいを選ぶときに避けたい条件の一つに、「音がうるさい」があげられます…

  6. 住まい選びのヒント

    悪い氣は住人がつくる非ミニマリスト的な行為、「良い氣」を取り入れるための教訓とは!?

    今日は『家』の善し悪しと、『住人』との関係についてお話しさせてください…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングに参加しています

1日1回1クリックLoveお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

人気記事

特集記事

心地よい住まいを探すカテゴリー
〜住まい探し・環境風水・家や土地〜
ms_bn_iesagashi200

大先輩たちに学びたいカテゴリー
〜どんなふうに歳をとったらいい?〜
ms_bn_elderwoman200

スポンサードリンク

セミアのFacebookです



心地よさを大切にミニマリスト道をあゆむ
昭和生まれのDINKS。
暮らし・思考・環境・美・健康・などの
シンプル化をテーマに綴ってます。

もっと詳しいプロフィールはこちら

インスタグラム更新してます

スポンサー

アンケートにお答えください

アーカイブ

更新情報をおとどけします

登録するとブログ更新情報がとどきます♪
グリーンのボタンをクリックで登録!

follow us in feedly

お問い合わせ

ご質問やご感想をお待ちしてます♪
〜お気軽にメールしてください〜

ms_bn_mail200

過去記事はこちらからどうぞ

スポンサードリンク

ファッション断捨離の特集

ファッション断捨離 カテゴリー
40代からの洋服を選ぶ&捨てる

ファッション断捨離

つぶやき&更新情報はこちら


  1. ミニマリストの断捨離

    卒業アルバム(卒アル)を“捨てのK点超え”で断捨離したのは、ゆるり家だけではなか…
  2. 住まい選びのヒント

    「幸せ・お金・健康」全部欲しい人が実行しているシンプルライフの真髄
  3. 健康・美容シンプルライフ

    冬だけ限定、石けんで落とせるナチュラルベースメーク。化粧品の消費期限を知る方法
  4. 家・建物・環境

    新築や改装で、床の色を選ぶ “決めて” となる事は!?末永くシンプルライフをおく…
  5. ミニマリストの紹介

    持たない暮らしインタビュー2、高台のマンションでスッキリ暮らす共働きミニマリスト…
PAGE TOP