住まい風水シンプルライフ

まさか電磁波が出てるから体に悪いとか思ってないですよね!?シンプルライフの友達IHクッキングヒーターのこと

キッチンをリフォームする予定の方や、これからお家を建てる方には、「IHクッキングヒーター」をおすすめします!

本日は、前半ではIHの良いところ、後半では、IH(電磁調理器)に対する悪い噂を払拭するため、「実際はどうなの?」というところについてもお話しさせてください。

IHクッキングヒーターは、どの家庭にもおすすめだけれど、特に、子育てが一段落した(しそう)な人、リタイア後の夫婦暮らし、独身者、などなどの方には特に、IHクッキングヒーターをおすすめします!

ホント、人生が楽になる。

IHは、老後もひきつづきシンプルライフをおくるためのよき友となるでしょう。

【IHを選ぶ理由】

①老後の生活に安心安全
②毎回キレイに掃除できる
③排気口が横につけられる
④キッチングッズの断捨離ができる
⑤電磁波の問題は克服済み

 

①②我が家ももちろんIH

セミア家では、昨年キッチンを選ぶときに、なんの迷いもなくIHクッキングヒーターを選択しました。

もう50代だったから、という理由もひとつあります。これから先のことを考えて。

老人だけの住まいには、火を使わず、消し忘れても自動で消えるIHは安心です。

でも、それが選んだときの一番の理由ではありません。

IHの魅力は、なんといっても清潔に保てること。

ガスレンジだと隙間にいろいろなものが入り込んでしまい、お掃除がたいへん。

でも、IHはデコボコがありませんから、毎回ちゃんと綺麗に掃除することができます。
ms_ihcookingheater

③IH対ガス、火のまわり加減により煙の方向が違う

ガスコンロの火で調理をすると、煙が高く上へと登ってゆきます。

IHクッキングヒーターで調理をすると、どんなに強火で調理しても煙の高さが低いのが特徴です。

ですのでIHの場合は壁際の低い位置に排気口を設置することができます。

これは、いいですよ!

上の写真↑で調理器のすぐ上あたりについている、小さな長方形のものが、排気口になります。

スイッチは、右下方にある小さなつまみのみ。

とてもシンプルなのです。

炒め物をしたりすると油は飛びますが、毎回のお料理後に拭きとるだけですぐにキレイになります。

ガスレンジの時は、年に一度の大掃除の時しか羽をとって洗ったりフィルタを変えたりなど、してなかったよな〜。

ちなみに、横型の低い位置に設置する排気口ですが、ガスコンロに使うのはちょっとキツいです。というか、やめた方がいいです。

上まで登っていった煙を全部拾えないかもしれません。

そうすると、天上まで煙が上がって行ってしまいますので、天上が汚れたりエアコンが油を吸い込んだりしてしまうから良くないですね。

④IHに変えるときに断捨離するもの

IHに対応しているお鍋でないと調理に使えないので、普通の鍋(IH対応でない)を全部断捨離しました。

今は、ホーローの大小のお鍋シャスールを使っています。

とてもセンスの良い暮らしをしていらっしゃる、ご近所のお料理教室の先生が推奨している熱伝導率が非常に良いお鍋で、半額で分けてくださったものです。

調理時間が非常に短くなりました。

IHって電磁波が出てて有害なんでしょ?という噂

先日、「IHクッキングヒーターって怖いですよね!健康を害するので気をつけましょう!」と注意を促している投稿を目にしました。このような間違った情報が蔓延している為、それを読んで信じてしまった人が何人いるのだろうと思うと、気の毒でなりません。

実は、IHが危険な数値の電磁波を出していたのは昔の話し。2013年くらいから、基準値を超えた電磁波が出なくなってきています。

セミア家では、昨年キッチンを選ぶときに、なんの迷いもなくIHクッキングヒーターを選択しました。

私たちより一年ほど前にキッチンをリフォームした両親も、IHを選んでいます。

両親がキッチンリフォームする際に、いろいろ調べていたら日本の住宅から電磁波問題を無くすことを目的とした協会に行き当たりました。

そこでは、いろいろな会社の色々な型番のIHクッキングヒーターで、実際にどのくらいの電磁波が出ているのか?を測定していました。

昔の型のIHと今のでは雲泥の差があるし、各メーカーによって電磁波発生値に大きな差があるようです。

我が家の昨年から使っているIHはP社のもの。電磁波の数値を測定しましたが、もちろん大丈夫でした。

2012年くらいの製品だと、まだ電磁波の数値に問題があったようです。

日進月歩ですね。さすが日本企業です!

一般社団法人日本電気工業会ページでは、『IHクッキングヒーターでの調理時に生じる電磁波は、現在最も信頼のできる国際的な機構(ICNIRP)が制定したガイドライン値を大幅に下回っています』と記載があります。

日本のIHから電磁波問題がなくなったワケは

IHを毛嫌いする人の言い分のひとつに「IHは日本特有のもので、電磁波が有害だからヨーロッパでは普及してない」というものがあります。

これは、IHができてきたばかりの時の話しです。今はもうシチュエーションが変わってきています。

確かに、大手メーカーが製造しているIHクッキングヒータは、発売当初は非常に高い数値の電磁波を出していました。

ヨーロッパ主要国では、電磁波を出す家電の販売を国が禁止しているのです!

だから、日本のIHは普及しないどころか、市場に出れなかった。

我らが日本の電気メーカーさんが、このまま黙っていると思いますか!?

ん、なわけないですよね。

改良に改良を重ねていって、電磁波の値を基準値以下に押さえたものができてきて、現在はヨーロパでもIHが普及してきています。

情報社会だからこそ、自分軸を持ちたい

今日は、IHクッキングヒーター(電磁調理器)のことを取り上げましたが、何事においても『変化』してゆくのが、とっても早くなってきてると思いませんか!?

世にはびこる「怖がらせ情報」に振り回されず、きちんと自分で確かめることの大切さをひしひしと感じています。

ではでは、みなさま良い週末をお過ごしくださいね〜♪♪♪

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵
読んでいただき m( . . )m 感謝
♪見たよ!の1クリックおねがいします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
▲いつも応援ありがとうございます▲

 

【備考】

電磁波は、波長や性質によって、さまざまな種類に分類されています。マイクロ波や赤外線や放射線などは電磁波に分類されます。

家電製品が発しているのは、波長が長い「超低周波」で電磁界と呼ばれています。

IHクッキングヒーターは、この超低周波ではなくて「超長波」という種類の波長を出しているのだそうです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 住まい風水シンプルライフ

    寝室にあるもので断捨離すべきもの、まさかアノ風水ラッキーアイテムが!

    今日は、「寝室に観葉植物をおかないでください」というお話しをさせてくだ…

  2. 住まい風水シンプルライフ

    住まいのシンプリシティー①

    愛用するもの、役立つものだけを選び抜くミニマリストであるセミアの、住ま…

  3. 住まい風水シンプルライフ

    黒いカビは家電のココにつく!雨期はスペシャルな掃除が必須!要注意ポイント2選

    冷蔵庫や洗濯機の中のカビ、についてお話させてください。知ってる人が冷蔵…

  4. 住まい風水シンプルライフ

    絶対に使って欲しくないモノ4選、電気代節約と暖房器具:シンプルライフの健康の為に

    こんにちは!(⌒‐⌒)自分にとって必要なことを一瞬で見極める心豊かなミ…

  5. 住まい風水シンプルライフ

    片付けに関する、男子対策

    「一生懸命に断捨離したり、片付けしたりしているのに、夫(息子)の部屋が…

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • semia
    • 2017年 11月 04日

    @ふじもと
    ふじもとさん

    こんにちは、セミアです!

    先ほど、コメントを拝見させていただきました。遅レスで大変失礼いたしました!ごめんなさい。

    この度は、貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。

    とてもわかりやすく書いていただいたので、この記事をご覧くださった読者様のためになるかと思います。

    >『震災などでインフラが止まったとき、復旧が早いのはガスより電気です。』

    確かにそうだな〜と気づきました。実は、震災になったら使えなくなるしどうしよう!とちょっと心配をしていたのです。ふじもとさんがおっしゃるように、ガスより電気の方が復旧は早いですよね!安心しました!

    ありがとうございます!

    • ふじもと
    • 2017年 10月 24日

    電磁波の話が未だにあるんですね。
    まあ、気にする人はガスにしたらいいと思います。もはやIHに限らず、電子レンジもテレビも携帯も、生活は電磁波に満ちていますから、それで癌になるとしたら、IHひとつやめてもあまり変わりない気がします。
    IHに関しては、技術が日進月歩で、ある時代の商品と、現代の商品ではだいぶ差があります。目に見えない電磁波の部分だけでなく、使い勝手、安全設計もずいぶん進歩しました。現在なら、昔に比べてだいぶ安全だと思います。
    高齢者が使うことを考えると、火の出るガスよりIHの方がいいでしょう。IHでも使い方を誤れば危険です。でも高齢者が調理中に、ガスコンロの火が袖に移る、などの問題を軽減するにはIHの方が良いと思いました。またガスより、換気の問題が軽減されますので、それも重要でした。
    自分も含めて高齢化社会にはIHの方が目の前の危険を回避できる商品と思います。
    我が家はオール電化でしたが、震災直後オール電化だと困るだろうと言われました。当時はガスの方が有利という人が結構いました。でも震災などでインフラが止まったとき、復旧が早いのはガスより電気です。どのみち、インフラ復旧までは、カセットコンロとかしか使えませんし、たぶんオール電化の家の方が早くインフラ復旧するでしょう。
    原発が使えなくなったら電気が不足するという人がいましたが、じゃあついこないだまで原発0で生活していたのはどの国だ?と言いたい。
    オール電化にしなくても、コンロはIHにと高齢者には勧めます。
    先日の震災では、おそらく東京の都心部でも被爆はあったでしょう。50代以上の人なら、子供の時分、アメリカの核実験で被爆しています。今更IHって。。。って思ってます。

    • semia
    • 2016年 10月 01日

    @名無し
    貴重な体験談をシェアーしてくださって、
    ありがとうございます。
    この記事をご覧になった方のためになると思います。

    この記事のポイントは電磁波ですので、ガスとの比較には言及しませんでした。2013年より前のIHは、電磁波がはんぱなくヒドかったですね。たしかに少しオンにしただけでちょっとクラっときたり。IHが出た当初にすぐキッチンリフォームして使ってた方で、脳腫瘍で亡くなった主婦を3人しっています(因果関係は不明)。

    現在のIHはほとんどの会社で電磁波問題を緩和されていますが、中にはまた高い電磁波を出す会社もあるかもしれません。いずれにしても「ゼロ」ではないでしょうから、お子様が沢山いてキッチンに長時間いる若い主婦の方ならガスの方がよいかとおもいます。

    • 名無し
    • 2016年 9月 16日

    我が家はIHからの出火で小火騒ぎと火傷、さらにホームパーティ時にキッチン付近で体調不良になった来客者が3人出てしまい新築でしたがガスに変更しました。
    使う人にもよるとは思いますが、火力面や熱を持つ危険なものは目に見えてた方が注意できますし、cookpadを見ながら料理している時iPadを近くに置いていてiPadが壊れてしまったのもあり、やはり自分には合わなかったです。
    我が家は国内メーカーのP社製品でした。
    ガスにしてからは同じ料理を作るにも調理時間も短くなり、主人もガスにしてからの方が美味しいと言ってくれるようになりました。
    子供達もIHの時は頭が痛くなるから怖いと言っていました。
    使う人に合う合わないだと思います。
    我が家の体験談の長文失礼しました。

    • semia
    • 2016年 8月 21日

    @名無し
    ブログ筆者は下調べ無しに適当なことを書くことはしないです。日本電磁波協会の科学と医療の膨大な研究資料とレクチャーを元に書いた記事になっています。

    また、低周波と高周波の電磁波測定器を所持しており特定のIHを実際に測定しています。

    ただ、電気製品を販売する企業さんの商品は次々と改良されたり新製品が出たりしますので、その都度電磁波の数値が変わってきます。ですので、この情報はあくまでもブログ日付の時点の情報ということになりますので、ご了承ください。

    • 名無し
    • 2016年 8月 21日

    素人に安全とか言われてもなぁ

人気記事

スポンサードリンク

スポンサー

アンケートにお答えください

コメント&メッセージ

過去記事はこちらからどうぞ

スポンサードリンク

ファッション断捨離の特集

ファッション断捨離 カテゴリー
40代からの洋服を選ぶ&捨てる

ファッション断捨離

インスタグラム更新してます

アーカイブ

  1. お金とエネルギー

    お金って何!?シンプルライフを送る為の基本的考え、ミニマルで豊かな暮らしのために…
  2. 片付け・収納

    洗濯物を片付けられないヒト必見!アスペルガー気味の友人に捧げた、解決策とは!?
  3. ミニマリストの紹介

    集合住宅にもあるゴミ屋敷、たった一つの大切なモノさえ見つからなかったのに、突然ミ…
  4. ミニマリストの紹介

    ミニマリストと呼ぶと違和感があるけれど、モノを持たない暮らしをする富裕層たち
  5. 食べるシンプルライフ

    ロシア人に習った野菜ボルシチ、シンプルライフの定番です
PAGE TOP